読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフハッカー日記

旅とご飯とライフハックに関すること。

転勤は現代社会における参勤交代だ!

働き方

日本社会特有の転勤制度 

f:id:shoonkazu:20170329094615j:image

日本固有の社会制度でもっとも不満なのが転勤です。住みたいところに住む自由を奪われてまで、見知らぬ土地で暮らしたくないし、そんなところで働かせるなんてどうかしてるとさえ思います。もちろん社内人事の循環のためにやっているのは理解していますけどね。

 

これからどんどん働き方が見直されていきます。その中で転勤についてもぜひ検討してもらいたいです。

 

転勤は必要な制度なのか?

f:id:shoonkazu:20170329145632p:image

家族が都内にいるのに、例えばいきなり「来月から鹿児島に行ってくれ」と言われたらどうでしょうか?

 

決して鹿児島県を悪く言うつもりはありませんが、ぼくはキツいです。

 

会社としては、転勤していろんなお客さんと関わってほしいだとか、全国各地を回って幅広い視野を持って将来の糧にしてほしいという思いがあることは承知しています。

 

しかし、出張ベースならまだしも5年間の単身赴任などとなると、会社のために生きているような錯覚を覚えます。

 

よくあるパターンとして、家を購入したタイミングで異動させるパターン。あれはわざとだとしか思えない異動です。また、結婚や子どもができたタイミングで転勤もよくあるパターンです。

 

「あいつは家買ったし、今会社を辞められる状態ではないから思い切って異動させよう。」という考え方で人事異動させているのでしょうか。人事担当者の方教えてください。

 

最近では転勤拒否権が使える会社がある

f:id:shoonkazu:20170329153256p:image

ポテトチップスで有名なカルビーは、転勤を拒否しても不利にならないように、社員に対して転勤拒否権を持たせているそうです。

 

こうゆう会社がどんどん増えてほしいですね。働き方改革をしているなら、長時間労働など以外にも転勤制度について議論してくれないかなぁ。

 

ぼくは転勤も悪しき習慣だと考えていて、したい人だけがすればいいものだと思っています。江戸時代には参勤交代として諸国の藩主たちが力を持たせないようにと、わざわざ江戸から遠い国に藩主を置き、江戸に出仕させるようなことをしていました。

 

意味合いは少し違うかもしれませんが、転勤は現代の参勤交代のようなものです。本当に早く働く人にとって自由な社会が訪れてほしいです。

働き方改革実現会議で「働き方改革実行計画」が決定。<時間外の規制、副業・兼業ができる未来は近いのか>

働き方

2017年は日本の働き方を変える歴史的な第一歩

f:id:shoonkazu:20170329121240j:plain

昨日3月28日に日本の労働問題を是正、解決するための「働き方改革実現会議」が開催されました。

 

 

そこで話し合われたのは、長時間労働の是正や副業・兼業などの普及促進、正規と非正規の不合理な待遇格差をなくすための同一労働同一賃金などについてです。

 

つまり、確実に働き方が変わる世の中が遅かれ早かれやってきます。

 

大企業にいれば一生安泰、公務員は安定してるなんて過去の言葉になるかもしれません。 以下は会議での安倍首相の挨拶です。

 

「働き方改革実行計画の決定は、日本の働き方を変える改革にとって、歴史的な一歩であると思います。戦後日本の労働法制史上の大改革であるとの評価もありました。かつては、特に時間外労働については、この間にある溝は埋められないのではないかと思われていたわけでありますが、本当に労使で合意に達していただいたこと、改めて敬意を表したいと思います。〜略〜

 

前から何度も言っていますが、これからは個人の時代です。働きたいときに働いて休みたいときに休む。好きな場所で働いて好きなところに住む。これが当然になります。

 

長時間労働の是正

f:id:shoonkazu:20170329134919j:image

労使合意によると時間外は月45時間で年360時間を限度とするとのことです。細かい制約もいろいろありますが、あとはこの合意が本当に守られるのかどうかです。

 

結局、月45時間を守れなかったけど、サービス残業をして守ったことにしたなんて会社がないようにしないといけません。

 

この決まりを守れなかった場合は、罰則が設けられるみたいなので、うんと厳しい罰則を設けないといけませんね。

 

こういった流れを受けて、人間が長い時間働かない代わりにAIのようなロボットが登場してくるんでしょうね。銀行の窓口業務なんていつまで人間がやっているのか時間の問題です。

 

ただし、自動車の運転業務や建設業、医師については例外としています。おいおい、全てにおいて長時間労働を解消しなければ意味がないではないか。このあたりはもう一悶着ありそうな気がします。

 

②副業・兼業などの普及促進

f:id:shoonkazu:20170329135332j:image

出ました副業・兼業の推進。これからの時代に1つの会社で働き続けるということは難しいということです。

 

特に老後の公的年金も減少することから、国は個人型確定拠出年金(iDeCo)の対象枠を広げて、国民それぞれに老後の蓄えをするよう言っています。

 

関連記事:

個人型確定拠出年金を申し込んだよ - ライフハッカー日記

 進展がなかった個人型確定拠出年金(iDeCo)の申込受付がようやく完了 - ライフハッカー日記

 

同一労働同一賃金

f:id:shoonkazu:20170329135600j:image

正規と非正規の不合理な待遇格差を是正するため、各種法律を改正するとのことです。また、非正規が正規との待遇差を求めた場合は、企業はその理由を述べなければいけないとしています。

 

もしかしたら非正規の人が仕事を2つ掛け持ちして、他にもネットで副業するなんていうスタイルも出てきそうですね。それだけ多様な働き方になると思います。

 

今後について

これからの10年で働き方は圧倒的に変わります。できる人はバリバリ仕事をしてお金を稼いで好きなことをするようになります。

 

こういった社会になることを不安視する人がいるかもしれませんが、ぼくは大賛成です。むしろ、早くこういった世の中がきて柔軟な働き方をしたいと思っています。

 

これからも国の動きから目が離せませんね。

 

ゾゾタウンを運営するスタートトゥデイは最高の会社だ<人気急上昇中の吉岡里帆ちゃんがCM出演中>

働き方

スタートトゥデイという会社

f:id:shoonkazu:20170329094908j:image

 

カルテットやUR賃貸住宅のCMにも出演している吉岡里帆ちゃんがゾゾタウンのCMにも出演中です。最高ですね。そりゃ、男だったら誰でもデレデレするでしょう。

 

 

そんなスタートトゥデイですが、ぼくは3つの最高すぎるところがあると思っています。

 

①価値観が最高すぎる

f:id:shoonkazu:20170329083133j:image 

スタートトゥデイは「カッコいいか」を価値基準としています。例えば、社内で挨拶をしない社員がいたとすると、「挨拶をしないことは本当にカッコいいのか?」と周りの社員からつっこまれたり、自問自答するそうです。

 

以前に前澤社長がTwitterでJKに変な絡まれ方をしたときに、怒ったことがありました。そのとき世間からの非難がすごかったそうですが、前澤社長は社員一人ひとりに対して謝ったそうです。

 

社長が社員に対して素直に謝れるのも、「カッコよさ」のひとつですよね!

 

②前澤社長の考え方が最高すぎる 

f:id:shoonkazu:20170329082518j:image

 

本当にその通りです。いつも我慢してて大きくならない。その殻を破ってこその成長ですよね。考え方が最高すぎます。こんな社長のもとで働けたら最高に楽しいでしょうね。

 

この考え方からツケ払いのシステムができあがっているんですね。「そんなこと無謀すぎる」とか「身の丈にあった消費をしないと破産するじゃないか!」とか言われてそうですけど、それは自分の資産に対する管理能力がないだけであって、このシステムが悪いわけではないです。

 

こういう突き抜けた考え方の人が、世の中をスマートにどんどん良い方向に変えてくれると思っています。

 

 

③働き方が最高すぎる

 f:id:shoonkazu:20170329082227j:image

6時間勤務制を導入しています。ぼくらは何の疑いもなく、そういった制度を当たり前のものだと信じて社会に飛び込みましたが、結局は誰かが作ったルールであって、その上に立っているだけなんですよね。

 

週休2日制もそうで、現パナソニックの創業者である松下幸之助さんがはじめたものです。

 

法律で決まっていることもたくさんありますが、当たり前だと思われていることを疑って今の社会にフィットした働き方を提案してるのはカッコいいですよね。

 

どんどんこういう会社が増えてほしい。スタートトゥデイは最高の会社だと思いますが、近い将来はスタートトゥデイでやっている取組が当たり前の世の中になっていかないといけないと思います。

 

これから働き方はさらに柔軟性を増してくるはずです。

ソフトバンクとYahoo! JAPANが自動運転分野に本格参入<自動運転は急速に実現に向かうのか>

本格的な自動運転時代の突入か

f:id:shoonkazu:20170329011220j:image

ソフトバンクYahoo! JAPANが自動運転の早期実現に向けて、自動運転分野に本格参入します。

 

以下、ソフトバンクグループのサイトからの引用です。

自動運転技術を研究・開発する先進モビリティ株式会社(本社:東京都目黒区、社長:青木 啓二、以下「先進モビリティ」)と、ソフトバンクグループのSBドライブ株式会社(本社:東京都港区、社長:佐治 友基、以下「SBドライブ」)の2社は、このたび「沖縄自動運転コンソーシアム」を組成し、内閣府が推進する戦略的イノベーション創造プログラムの「自動走行システム」において、2017年3月20日から沖縄県南城市で行われるバス自動運転実証実験を受託しましたのでお知らせします。

 

さすがは孫社長。現場に甘んじることなく、常に上を目指す姿は本当に見習わなくてはなりません。

 

特に携帯電話の分野は、格安SIMが次々と登場しており、ソフトバンクのような三大キャリアが通信業界を牛耳る構図は終わりを迎えようとしています。

 

ソフトバンク、自動運転の野望

 

こういった取組がされている中で、バスの自動運転は早期に実現してほしいですね。特に地方の過疎地域にとっては、これ以上ないサービスです。

 

国がしっかり補助金を出して、地方の自動運転バスを促進するような取組があれば、高齢者ドライバーによる交通事故は減らせそうですね。

 

ヤフーも自社サービスの提供へ

f:id:shoonkazu:20170328210603j:image

 ヤフーもYahoo!地図などの自社サービスを自動運転技術を活用したサービス提供することとしています。

 

以下、ソフトバンクグループのサイトからの引用です。

ヤフー株式会社(以下「Yahoo! JAPAN」)とソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)はこのたび、自動運転技術を活用したスマートモビリティーサービスの事業化を目指すSBドライブ(エスビードライブ)株式会社(以下「SBドライブ」)の第三者割当増資を引き受け、Yahoo! JAPANが資本参加し、ソフトバンクが追加出資したことをお知らせします。

 

Yahoo! JAPANはSBドライブへ出資することにより、自動運転分野に本格参入し、Yahoo! JAPANが提供する「Yahoo!地図」などの地域や移動に関連するサービスとの連携や、自動運転車や利用者から得られるビッグデータYahoo! JAPANサービスでの活用を行うことで、地域や移動に関するユーザーの課題をさらに解決する「UPDATE MOBILITY」の実現を目指していきます。

 

両者合わせて10億円の出資。やっぱり成長する会社は成長する分野に力を注ぎますね。

 

2020年とは言わず、1日でも早い自動運転車の実現を目指してほしいです。

進展がなかった個人型確定拠出年金(iDeCo)の申込受付がようやく完了

確定拠出年金

楽天証券からようやく通知が!

f:id:shoonkazu:20170328122306j:image

本日3/28、楽天証券から個人型確定拠出年金の申込完了についてメールが届きました。

 

f:id:shoonkazu:20170328122205j:image

ここまでの一連の動きをまとめると以下のとおりです。

 

【ここまでの流れ】

2/26 個人型確定拠出年金の申込完了

3/3   楽天証券から申込用の資料が郵送される

3/6   会社に事業主資格証明をもらおうとするも基礎年金番号がわかる資料を忘れる

3/13 基礎年金番号がわかる資料を提出

3/15 会社からようやく事業主資格証明を入手

3/20 ポストに投函

3/28 楽天証券から受領メールが届く←今ココ

 

ここまでおよそ1か月ちょっとかかりました。このあと、国民基金連合会の審査に1〜2か月かかるそうです。一体なぜ1か月も開きがあるんだろう…。

 

これからも随時、個人型確定拠出年金の動きについてはレポートしていきます。

 

60歳まで引き出せないデメリットはありますが、毎年の節税や運用益における所得税の控除などぼくはメリットのほうが大きいと感じています。

 

個人型確定拠出年金の詳しい制度について知りたい人は下記のサイトをご覧ください。

 

関連記事:

個人型確定拠出年金を申し込んだよ - ライフハッカー日記

 

ここまで来るのにようやくという感じです。制度自体はお得なのですが、手続きがやたら面倒です。

 

国民基金連合会の審査が終わるまでもう1か月ほどかかると思いますが、引続き動向を見守りたいと思います。