ライフハッカー日記

ライフネット生命の出口元会長 「本の『使い方』1万冊を血肉にした方法」はためになる

f:id:shoonkazu:20170918221338j:plain

 

どうも、読書にハマっているしょーかず(@shoonkazu)です。

 

最近、本の当たりを引く確率が高くなってきました。自分が読みたいテーマをはっきりさせていることや信頼できる人のオススメで買っているからかもしれません。

 

今回読んだ本もかなり当たりだったと思います。「読書の仕方」はよくメソッドとして出回っていますが、具体的な行動にまで本を活用するやり方はこの本くらいかもしれません。

 

この本では、

本日のポイント

 

①なぜ読書をすることは良いことなのか?

②どんな本を読めばいいのか?

③その本を使って、どのように教養を高めていけばいいのか?

 

 

3つのことが丁寧に書かれています。「読書しても頭に残らない」「読書の成果が人生に役立っていない」という方にオススメの記事です。それでは、紹介していきます!

 

 

ライフネット生命の出口さんとは?  

 

そもそもライフネット生命の出口さんって誰ですか?という方もいらっしゃるかもしれません。保険業界ではかなりの有名人で、以前にぼくの出身大学で講演があって、それをきっかけに知りました。

 

京大卒業後、日本生命でキャリアを積まれ、60歳で戦後初の独立系生保であるライフネット生命を立ち上げたスーパーマンのような方です。ライフネット生命は社長の岩瀬大輔さんTHEOCAMPFIREの取締役会長である谷家衛さんが立ち上げに関わっていた有望ベンチャーです。

 

講演を聴いた当時は「活発でアクティブな方だなぁ」くらいの印象しかなかったのですが、今考えるとこんなに立志伝中の人だったんだと驚いています。

 

そんな出口さんは幼稚園の頃、太陽が落ちてこない理由がわからず、本をきっかけに理由がわかったことで大の読書好きとなったそうです。今では毎朝、新聞3紙を読んで、就寝1時間前にも読書を行っているとのこと。本当にすごい方ですね!

 

今回はそんな出口さんの読書論ならば、間違いないだろうということで購入しました。予想通り本当にためになる内容で、目から鱗でした。

 

特に印象に残ったのは、5つです。

 

①読書のメリット

②本の使い方(読み方)

③どんな本を読むべきか?

④本、人、旅のサイクル

⑤読書は何と言ってもアウトプット

 

それでは順を追って紹介していきます!

 

1 読書のメリット

 

出口さんは読書のメリットを5つ挙げています。

 

(1)古典に当たりが多い

 

古典は何百年も前から読み継がれてきたもので、まず外れが少ない。何十年、何百年と読み継がれてきたのは、その本がどんな時代でも面白いと受け入れられてきたから。ただ、現代とは時代背景が異なる部分があるので、そこに読みにくさを感じてしまうかもしれませんが、理解が深まるとどんな本よりも読む価値があります。

 

(2)コストと時間がかからない

コストについては、本書の中で旅や人と会うことと比較して圧倒的に安いことを言っています。千円くらいで過去の偉人の考えや歴史を学べるんですから、その通りだと思います。また、コストでいうとKindleコスパ抜群です。紙の本よりも安いですし、1つのタブレットで何十冊もの本を持ち歩けるのは便利すぎてやめられません。

 

時間については、オバマ大統領やリンカーンを例に出しています。まず一般人ではなかなかお会いできない人の意見をテレビ以外で聴けるのは、素晴らしいことですね。

 

(3)場所を選ばない

人に会ったり、旅をすると場所の制約が出てきます。一方で、本は飛行機や新幹線、どこでも好きなときに情報を手に入れることができます。 

 

(4)時間軸と空間軸が幅広く深い

人間の寿命はせいぜい80年くらい。人に会うことで遡れるのはその程度の年月ですが、本は何千年前まで遡ることができます。また、海外の情報や宇宙の話まで幅広い分野の知識が得られることも本の特徴ですね。

 

(5)実体験にも勝るイメージが得られる

基本的には体験がものを言いますが、時には本でしか得ることができない人々の息づかいや様々な情景が焼きつくことがあります。

 

旅や人との出会いにもいいところがありますが、その前に気軽に始められるのが読書ということを言いたいのだと思います。「やることがない。」「ひまだ。」と言っている人はまず本を読もう。思わぬところに興味が湧いてくるかもしれません。

 

2 何を読めばいいの? 

1では読書には多くのメリットがあることがわかりました。では、一体どんな本を読めば良いのか?

 

(1)古典の場合

まずは先ほど少し触れていた古典です。

 

 

本の選び方としては、

「薄めの本を10冊ほど選ぶ」⇨「その中で気になる3冊をピックアップ」⇨「読んでみて面白ければ、そのジャンルを広げてみる」

 

古典は言葉遣いも現代と違うものが多く、取っ付きにくいものもあるので、まずは薄めの本で興味がありそうなものを選ぶと良さそうです。

 

本書の中でぼくが興味が湧いたのは、近松門左衛門の「冥途の飛脚」です。 飛脚と遊女の恋愛物語で、飛脚がお店のお金に手を出してしまい、燃え上がるような恋のストーリーが展開されるのだそうです。どんな結末なのか気になります。

曾根崎心中・冥途の飛脚 他五篇 (岩波文庫)

曾根崎心中・冥途の飛脚 他五篇 (岩波文庫)

 

 

(2)現代の本の場合

 

「目に飛び込んできた本を選ぶ」「最初の5ページでワクワクするか」「新聞の書評欄を見て面白うそうな本を選ぶ」などを決めて本を選んでいるそうです。

 

マイルールを決めて後は好きな本を選べば、特に問題ないということも会長は言っています。これだけ本が溢れている世の中ですから、自分なりのルールがあれば問題なさそうですね。

 

3 出口さん流「本の使い方」

 

本のメリットもどんな本を読めばいいのかもわかった。では、その本をどのようにしてインプットしていくことがいいのか?

 

(1)関連書籍を7、8冊手に入れる

例えば京都の清水寺について知りたいと思ったら、「清水寺」に関する本を7、8冊購入する。そのくらい買っておけば、大きく知識が抜ける可能性は低いはずです。

  

(2)最初に厚くて難しそうな本から読む

次に7、8冊の中から、まずは厚い本を優先して読みます。厚い本はそれ以上削る部分がないくらいに必要な知識が網羅されている本です。まずは知識を増やすために厚い本で知識のインプットに努めることが優先です。

 

(3)最後に薄い入門書を読む

薄い本は読みやすい一方で、厚い本の抜粋であったり、抜けている知識があるので、体系的に学ぶことは適していません。しかし、厚い本を読んでから薄い本を読むと、厚い本で学んだことを体系的に頭の中で整理することができるはずです。

 

「あぁ、先の厚い本で言っていたのはこういうことだったんだ。」と理解が深まるはず。

 

(4)本で学んだ後は実際に行動する

最後は実際に清水寺に言って本に書いてあったことを目で見て確かめたり、人に会って聞いてみたりすることでより一層知識の深まりと定着をはかることができます。

 

本を読んだら、実際の行動に落とし込むことを意識しましょう。本を読んだだけでは何も成長できない。本は成長のきっかけづくりです。

 

4 「本⇨人⇨旅」のサイクルを回し続けよう

 

小説家の島崎藤村も「本・旅・人」から得られる知識を三智と言っていたそうです。過去から語り継がれている言葉なのですから、間違いないですね!

 

出口さんは、「2.5:5:2.5」くらいのようですが、ぼくの場合は「2:3:5」くらいかも?旅が少し多めです。

 

5 「言語化」してアウトプットしよう

 

ぼくは今まで読書しても、あまりアウトプットをしてこなかったです。この言葉はグサッと刺さったなぁ…。読みっぱなしでした。アウトプットを行うことで、初めて頭の中が整理されて、自分の脳に焼き付けておくことができますよね。 

 

もっと前からやっておけばよかったという後悔もありますが、20代のうちに知ることができたのでここから巻き返してアウトプット頑張ります。

 

まとめ

読書を起点に、旅をして、人に出会って、その結果を言語化してアウトプットするのが黄金のパターンですね。これをひたすら回していくことで、教養が深まること間違いなしです。

 

ぼくが紹介した以外にも面白い本の紹介や本の読み方について丁寧に解説されていたので、興味を持った方はぜひ購入を検討してみてください。 

 

次回予告

出口さんの本がかなり面白かったので、もう1冊紹介しようと思います。お楽しみに!

夢をかなえるゾウはやっぱり良い本だったので、全力でオススメしたい

 

どうも、しょーかず(@shoonkazu)です。

 

今年の初めに「本を100冊読む」という目標を立てていました。

8月末で30冊弱しか読めていなかったので、猛チャージをかけて読書しています。

 

今回は「夢をかなえるゾウ」がかなり参考になったので、記憶に留めておきたい部分についてまとめてみました。

 

この本、本当に人生が変わる言葉が盛りだくさんです。Kindleでもかなり安く買うことができますので、是非皆さんも購入してみてください。

 

 

「夢をかなえるゾウ」はキングオブ自己啓発本

率直にめちゃくちゃ面白い本でした。ストーリー形式で最初から最後までスラスラと読めてしまいます。

 

目標を持っても挫折ばかりしてしまう主人公に、ゾウの神様ガネーシャの教えを実行することで少しずつ主人公が変わっていく姿を描いたストーリーです。

 

物語に沿って主人公が教えを実現していくので、かなり読みやすくなっています。

 

どれだけできているかな?ガネーシャの教え29個

本書の中に29個の教えが出てきます。皆さんはどれだけできているかな?

 

  1. 靴をみがく
  2. コンビニでお釣りを募金する
  3. 食事を腹八分におさえる
  4. 人が欲しがっているものを先取りする
  5. 会った人を笑わせる
  6. トイレ掃除をする
  7. まっすぐ帰宅する
  8. その日頑張れた自分をホメる
  9. 一日何かをやめてみる
  10. 決めたことを続けるための環境を作る
  11. 毎朝、全身鏡を見て身なりを整える
  12. 自分が一番得意なことを人に聞く
  13. 自分の苦手なことを人に聞く
  14. 夢を楽しく想像する
  15. 運が良いと口に出して言う
  16. ただでもらう
  17. 明日の準備をする
  18. 身近にいる一番大事な人を喜ばせる
  19. 誰か一人のいいところを見つけてホメる
  20. 人の長所を盗む
  21. 求人情報誌を見る
  22. お参りに行く
  23. 人気店に入り、人気の理由を観察する
  24. プレゼントをして驚かせる
  25. やらずに後悔していることを今日から始める
  26. サービスとして夢を語る
  27. 人の成長をサポートする
  28. 応募する
  29. 毎日、感謝する

 

読んでいて印象に残ったのは「お参りに行く」「ただでもらう」ですね。

 

「お参りに行く」は、例えば多くの人はお参りをするときに「○○を実現してほしい。」とか「」など自分のお願いばかりすると思います。しかし、ガネーシャにいうと「一つ一つのお願いごとを聞いてられない。自分のことばっかり言うな!逆に神様いつもありがとう。神様もお体に気をつけて頑張ってくださいなんて言われると逆にその人の夢を叶えたくなっちゃう。」と言っています。

 

この発想が好きです。

 

それともう一つ。「ただでもらう」は、人に与えることも大切だけど、人から「もらう」ことも同じくらい重要ということ。

 

人から教えてもらったり、プレゼントをもらうことってプライドとか謙虚さからもらわない人が多いと思います。筆者はむしろ貰えるものは素直に受け取ろうと言っています。

 

1 人生を変えたいなら「意識」ではなく、「環境」を変える 

 

 

これは本当に納得でした。

 

いくら自己啓発本やダイエット本でモチベーションが上がっても、結局3日後には元通りというのがほとんどの人だと思います。

 

人間の意識は楽な方、楽な方に行こうとする。だから、どんなに我慢しても必ず誘惑に負けてしまう。これは自分が悪いわけではなくて、人間の摂理なんですね。

 

むしろ、楽な方に流れて当然。無理にやり続けている方が怖いくらいです。

 

筆者が考えるには、例えば「次の給料日までに残ったお金を貯金をする。」という目標を立てたとしても結局は続かないことが多い。そうではなくて、「月に1万円自動で天引きされる仕組みを作って、継続的に貯金を続ける。」という環境を作ることが大切なんだということを言っています。

 

これに関しては、ウェルスナビや確定拠出年金で自動天引きで積立投資しています。

 

 

英語、ダイエットなど挫折することは世の中にいっぱいありますが、まずは環境や仕組みを作ることが何よりも重要だということを学びました。

 

これだけ学べただけでも、この本を読む価値がありました。

 

2 人生を変えたいなら「何かを捨てる」

 

本書では習慣になっている何かを辞めてみることをオススメしています。例えば、テレビを観てダラダラと時間を過ごしてしまうのならば、テレビのコンセントを抜いておいたり、極端かもしれませんがテレビを捨てることを提言しています。

 

スマホばかり見てしまう人は、電源を切っておくのも手です。

 

どんなに偉い人でも、裕福な人でも貧しい人でも時間は24時間しかありません。これはどの国や時代に生まれていようが変えようのない事実です。 

 

自分の習慣を見直して、辞めることができそうなものは辞めたり捨ててみる。そうすることで新たな時間を創り出すことできるという発想です。

 

3 人生を変えるには「行動」➡︎「経験」➡︎「発信」の繰り返し

 

 

 

 

つまり、ここでいう「応募」とは、自分を「発信」することです。

 

どれだけ才能がある人でも誰かに才能を認められたり、必要とされなかったら意味がない。まずは自分が何者かを発信すること。そして、1回だけではなくて、これでもかとしつこいくらいに。

 

このPDCAを回すことが非常に大切だということですね。

 

試験を受ける、転職する、ブログを公開する、デートに誘う、面白いと思ったことを相談してみる…など全て「発信」することだと思います。

 

繰り返し「発信」することを覚えましょう。

 

なかなか結果が出ないこともありますが、すぐに結果が出なくても成長した自分は努力しなかった自分に比べて違う世界が見えているはず。

 

まとめ

夢をかなえるゾウ、めっちゃオススメです。

 

①人生を変えるには「環境」を変える

②人生を変えるには何かを「捨てる」

③「行動」「経験」「発信」をひたすら繰り返す 

 

この3つは本当に印象に残りました。

どんな本よりもまずはこの本を読んで、これからの行動や環境を変えていくべきです。

 

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

 

 

次回は「非常識な成功法則」という本についてまとめてみたいと思います。これもかなり面白かったです。お楽しみに!

最近の投資実績を公開します

f:id:shoonkazu:20170828221648j:plain

 

どうも、しょーかず(@shoonkazu)です。

 

最近はものすごい勢いで仮想通貨がアツくなっています。また、その根底にあるブロックチェーンの技術を使って、ICOという新たな資金調達の取り組みも行われようとしています。 

 

特にCOMSAは、CAMPFIREなどの有名企業も参加することからかなり盛り上がっていますね。

 

関連記事:COMSAって何?今後伸びていくであろう企業の資金調達方法を解説

 

そんなわけでぼくも仮想通貨を含めた投資にハマっている1人です。今日は投資実績と今後の投資予定についてお話しします!

 

 

積立投資

ウェルスナビ(35万5千円。プラス1万5千円くらい。)

確定拠出年金(3万6千円。ほぼ変動なし。)

クラウドバンク(1万円。9月中に解約予定。)

 

ウェルスナビは好調です。あまり短期の結果に目を向けても仕方がないので、一喜一憂せずコツコツと積立ていきます。

 

仮想通貨 

ビットコイン(2千円くらい。)

・イーサリアム(2千円くらい。)

・ネム(1万円くらい。)

 

5月に1万1,500円投資して以降、ジワジワと増えています。仮想通貨はこれからさらに盛り上がっていくと思います。おそらく今後も価値はどんどん上がってくるので、長期保有します。

 

なお、初心者の取引にはcoincheckをおすすめしています。ある程度、慣れてきたら、コイン積立ができるzaifや手数料が安いbitbankに切り替えるのも選択肢の1つです。

 

ぼくは9月からzaifでコイン積立をします。仮想通貨の最も安全な投資は、ドル・コスト平均法による積立投資です。ボラティリティが激しい分、この買い方が最も合理的だと思います。ドル・コスト平均法の解説はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

関連記事:zaifでビットコインとネムの積立投資を始めました

 

 

 

 

今後の投資予定

 

ICOトークンに全力を尽くします。

 

COMSA(2017.10.2〜 30万円投資予定)

Bankera(2017.8.28〜 10万円投資予定)

ALIS(2017.9.1〜 10万円投資予定)

Change(2017.9.16〜 10万円投資予定)

 

しかしトークンについては、以前にツイートしたように今後の動きが全く読めない状況です。そこで、幻冬社の箕輪さんが行っているpolcaに支援して、トークンの未来についてのリターンを期待。イケハヤさんへの取材ということで、どんなトークが繰り広げられるのかすごい楽しみです。

 

 

とりあえずは100万円ほど投資に回せたので、今年の残りは大きな動きがない限りは積立投資に集中しようと思っています。 

 

 

投資は本当に面白いですね。銀行に預ける以上に夢がある。お金を回すことで、社会を動かす助けになっているなら言うことなしです。失敗してもそれはそれでいい社会勉強だと思っています。投資実績については、今後も公開していきます!

zaifでビットコインとネムの積立投資を始めました

f:id:shoonkazu:20170826212132j:plain

 

どうも、しょーかず(@shoonkazu)です。

 

仮想通貨の積立投資を始めました。銀行預金では全くお金が増えないので、今はほとんどを投資に充てています。

 

そんなわけで今回は、仮想通貨の積立投資についてまとめていきます!

 

 

zaifとは?

 

zaifは仮想通貨の積立投資ができる取引所です。モナコインやネムといったアルトコインも取り扱っているので、比較的使い勝手はいいです。ただ、イーサリアムやリップルなどのアルトコインに手を出したい方はcoincheckがおすすめです。

 

まずは様子見で4,000円突っ込みます。

f:id:shoonkazu:20170826164118p:plain

 

仮想通貨はボラティリティが非常に激しいので、ドル・コスト平均法」による積立投資が安全な手法だと言えます。

 

ドル・コスト平均法とは? 

f:id:shoonkazu:20170826173842p:plain

ドル・コスト平均法」は、価格が上がった時に高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がった時には安く多くの量を購入する方法のことを言います。このような買い方をすることで、ローリスクで仮想通貨の運用をすることが可能です。

 

上記の例だと、A、B、C、Dの4つの期間で100株ずつ購入した場合は、当然ですが400株となります。しかし、各期間で1万円で買える数量を購入すると404株購入することができ、ドル・コスト平均法で購入した方がお得ということがわかります。

 

このドル・コスト平均法は積立投資のような長期間を見据えた投資に有効です。ちなみにぼくはウェルスナビや確定拠出年金も、ドル・コスト平均法による積立投資で行なっています。

 

なぜビットコインとネムなのか?

COMSAに期待しているからです。ICOでの資金調達は、ビットコイン、イーサリアム、ネムが対象になっているので、今後価値を高めていくんじゃないかと思っています。

 

 

zaifでの積立投資は、ビットコインモナコイン、ネムのみが対象です。なので、イーサリアムには積立投資できないのが残念なところ。

 

仮想通貨というかブロックチェーンの仕組みは、本当に世の中の仕組みを大きく変えるんじゃないかと思います。勉強すればするほど面白くなっていきますね。最近はイケハヤさんの影響?でzaifトークンも注目を浴びていますね。

 

 

0.1円のときに買っておけば、今頃10倍近い値がついていたんですね。。100万円突っ込んでおけば、1,000万円。怖さも感じますが、夢のある投資ですね!少しでも仮想通貨に興味を持った方がいれば、まずは下記の本を読んでみることをおすすめします。理解が深まれば深まるほど、仮想通貨の将来性にワクワクできるはずです。

 

▼仮想通貨のおすすめ本です。

 

仮想通貨まだまだアツくなりそうですね!

 

COMSAって何?今後伸びていくであろう企業の資金調達方法を解説

f:id:shoonkazu:20170826163006j:plain

 

どうも、投資にハマっているしょーかず(@shoonkazu)です。

 

みなさん、COMSAは知っていますか?テックビューロという会社が行おうとしている仮想通貨を使った新しいビジネスの仕組みなんですが、最近注目を浴びています。

 

今日はそんなCOMSAについて、紹介します!

 

 

COMSAとは?

f:id:shoonkazu:20170825071756p:plain

 

引用:COMSAホームページより

世界のブロックチェーン業界では、2017年6月の時点で過去12ヶ月間のICO(Initial Coin Offering – 仮想通貨発行による資金調達手法)による資金調達総額が、ベンチャーキャピタルにより大幅に上回りました。そのような中、7月25日に米SECがThe DAOが金融商品に該当しうると発表し、ICOの法的なポジションも国際的にクリアになることが予想され、ICOを実施する企業にはますます綿密な設計が必要となります。

一方、多くの企業がICOを希望するものの、基本となるブロックチェーン技術の導入には様々な問題がつきまといます。その中の一つとして、暗号通貨の法定通貨に対するボラティリティであり、会計上や監査上の様々な煩雑さを引き起こしています。そして期待とニーズに、既存のソリューションが対応しきれていなかったのが最も大きな障壁となっていました。

COMSAは、これら課題をまとめて解決すべく、企業のICOによる資金調達と、既存アセットのトークン化技術、Zaif取引所、そしてmijinプライベートブロックチェーンによる内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供し、実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を一からサポートいたします。

 

難しいことが色々と書いていますが、COMSAは企業のICOによる資金調達と仮想通貨取引の仕組みにもなっているブロックチェーン技術を実際のビジネスにおいてサポートするものです。

 

仮想通貨は世界の通貨の仕組みを変えるかもしれませんが、根底にはこのブロックチェーンという仕組みがあるからだと思っています。ブロックチェーンの仕組みについては、以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

ICO

ICO(Initial Coin Offering)とは、株式会社の新規公開株の意味であるIPO(Initial Public Offering)をもじった言葉です。これを仮想通貨を使って行おうとしているのがICOです。一般的に企業が資金調達を行うために、IPOをなるべく投資家に買ってもらえるように廉価で売り出します。そこで、実際に上場すると値上がりする傾向にあります。

 

トークン?

トークンは株式市場でいう株式のことですね。今回COMSAではトークンセールを実施しており、事前登録をすることで10月2日14時からトークンを購入することができます。

 

COMSAトークンセールの事前登録はこちらから

 

このCOMSAでの資金調達がうまくいけば、トークンの価値は今後上がっていきそうですね。ぼくも30万円ほど買っておこうと思っています。

 

COMSAでICOでの資金調達を行う会社

株式会社プレミアムウォーターホールディングス東証2部)

株式会社CAMPFIRE

 

上記の2社がCOMSAを利用した資金調達をすることが発表されました。

 

ちなみに株式会社プレミアムウォーターホールディングスは、ICOによる資金調達を公表後、株価がおよそ1.5倍まで上がりました。

f:id:shoonkazu:20170826154854p:plain

 

COMSAトークンはどうなっていくか?

 

かなり期待のできるCOMSAですが、まだまだ仮想通貨自体が乱高下しています。ただ、COMSAの仕組み自体は非常に面白いので、今後も期待していきたいと思います。