ライフハッカー日記

仮想通貨って何?初心者でもわかるように用語と買い方を解説する

f:id:shoonkazu:20170819171957j:plain

 

どうも、仮想通貨の運用をしているしょーかず(@shoonkazu)です。

 

最近、ネットやSNSでも「仮想通貨」とか「ビットコイン」という言葉が飛び交うようになってきました。

 

仮想通貨の運用をしていない人にとっては、一体どんなものなのか知らない方も多くいるのではないかと思います。

 

ぼくは5月から「ビットコイン」「ネム」という仮想通貨に投資しています。そんなわけで、今回は仮想通貨についてまとめようと思います。

 

 

仮想通貨ってなに?

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。

一言で言えば、実体を持たないバーチャルなお金です。仮想通貨の特徴を挙げるとすると以下の4点に集約できます。

 

  1. バーチャルなお金
  2. 円やドルのように特定の国に属さない
  3. 日本銀行のように)中央で集約する機関がなく、参加者みんなで運用する
  4. 「鍵」を使って、取引データを暗号化・復号化できる

 

これだけ見ても全部を理解することは難しいと思います。まずは「世界のどこでも使用できるバーチャルのお金」という部分だけ覚えておいてください。現時点ではこれだけで結構です。3と4については、また詳しく説明します。

 

誰が仮想通貨を管理しているのか?

ここから3の説明です。仮想通貨はP2P(peer to peer)という仕組みで管理されており、銀行のような中央で集約する機関がありません。 P2Pとはビットコインのネットワークに参加するユーザーたちが直接やりとりをすることを言います。

 

通常、サービスを提供する側(サーバー)とサービスを享受する側(クライアント)に分かれている「クライアント/サーバー型」が一般的ですが、仮想通貨ではP2Pの仕組みを使って、ユーザー一人ひとりがデータをやりとりするします。

 

f:id:shoonkazu:20170823193634p:plain

 

暗号を解く鍵とは?

公開鍵暗号とは、データを暗号化・復号化する際の「鍵」に、「公開鍵」と「秘密鍵」の二つを用いる暗号方式です。
データの暗号化には公開鍵を、データの復号化には秘密鍵を使用します。
公開鍵と秘密鍵は対となっていて、公開鍵でデータを暗号化した場合、対になっている秘密鍵のみ復号化できます。そのため、データを盗まれても復号化できない仕組みとなっています。

 ここから4の説明です。仮想通貨の取引データは全て暗号化され、送金した元で復号化されます。

 

そのときに「公開鍵」というものを使って、データを暗号化します。「公開鍵」は、名前の通り取引をしている人以外も見ることができます。一方で、暗号化したデータを元に戻すときに「秘密鍵」というものを使って復号化します。これは秘密鍵を持っている人にしかわかりません。

 

この暗号を使って個人間の取引の安全性を保っています。仮に不正を行おうとしても、後ほど出てくるブロックチェーンという仕組みで、取引記録の改ざんを防止しています。

 

なぜ仮想のお金に価値があるのか?

円やドルと同じように、人々からの信用で価値が変動していきます。

 

私たち日本人も国や日本銀行を信用しているから、日本円が価値を生み、市場で流通しています。今ではジュース1本買うのに100円くらいですが、政府の政策を国民が信用できなくなると、円に対する信用が落ち、その価値ももしかするとジュース1本200円まで低下していくかもしれません。

 

でじゃ、なぜ仮想通貨に特定の中央組織がないにも関わらず、信用されているのか。それは仮想通貨のP2Pブロックチェーンの仕組みがあるからです。

 

ビットコインとは?

ビットコインは中本哲史(サトシ・ナカモト)を名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された仮想通貨です。通貨は国家の信用を基に価値を担保している一方、ビットコインの信用はネットワーク参加者全体で相互に形成されてます。ビットコインの数には限りがあり、多くの人がビットコインが価値のあるものだと信じれば、それだけ価値が上がり、無いものとみなせば価値が下がります。

ビットコインはあらゆる仮想通貨の基軸通貨となっています。その他にもイーサリアム、リップル、ネムといった仮想通貨があり、それらはアルトコイン(alternative coinの略)と呼ばれています。アルトコインの種類は現在600種類以上あると言われています。 

 

f:id:shoonkazu:20170822193337p:plain

 

フィンテックブロックチェーン

フィンテックとは

IT技術を使った新たな金融サービス「FinTech(フィンテック)」。金融を意味する「Finance(ファイナンス)」と、技術を意味する「Technology(テクノロジー)」を組み合わせた造語です。仮想通貨はフィンテックという枠組みの中でブロックチェーンという技術を用いてできたものです。

 

ブロックチェーンとは

ビットコインの通貨をどのアドレスからどのアドレスに送ったということが記録されている履歴(データベース) ということになります。
そして、そのデータは一つの場所に保存されているのではなく、 取引記録は、Bitcoinのネットワークに参加しているコンピュータに分散されて保存されています。ブロックチェーンは、取引記録(トランザクション)を一つのブロックにまとめて、そのブロックをチェーン(鎖)のようにつなげて保存したものになります。チェーン状に繋げることによって、のちにデータを変更、改ざんすることが実質不可能になります。

 

フィンテックは簡単です。「ファイナンス」と「テクノロジー」を組み合わせた造語のことですね。

 

また、ブロックチェーンはどこからどこへビットコインを送ったかの「取引記録のデータベース」のことを意味しています。何百から何千の取引記録を一つのブロックにまとめて、それらをチェーンのようにして保存しています。それぞれのブロックは、データ化されて「000000000005ekdkjuv88f8j3n5gnnwu54nne」のように変換されます。これをハッシュ値と言います。

 

取引記録(ブロック)をチェーン状にする意味

では、何のために取引記録をチェーン状にするのでしょうか?それは取引記録の改ざん防止のためです。しかし、取引記録をただ単にデータベースに保存しているだけでは、チェーンのように繋がっていきません。そこで先ほどのハッシュ値が登場します。

 

ビットコインでは1つ前のブロックのハッシュ値が次のブロックに含まれているため、ブロックのハッシュ値がチェーンのように1つ前のブロックのデータを継承していきながら繋がっていきます。この仕組みがブロックチェーンと呼ばれています。

 

したがって、誰かが取引記録を改ざんすると、そのブロックのハッシュ値が変わってしまいます。次のブロックも前のブロックのハッシュ値が変更になったので、芋づる式に変更になっていきます。こうすることでどの時点で不正があったことを見抜くことができ、改ざんの防止になります。

 

ブロックチェーンの概要

f:id:shoonkazu:20170822223501p:plain

 

 

仮想通貨はどこで買えるの?

仮想通貨はウェブ上にある取引所で買うことができます。個人的にはウェブの画面が最も見やすく、アルトコインの種類が最も多いcoincheckがおすすめです。また、zaifのみ積立投資ができます。

 

coincheck(アルトコインの種類が豊富)

zaif(積立投資が可能)

bitflyer(損害保険に加入しているため、万が一会社が潰れても担保がある)

 

 

仮想通貨は今後どうなっていくのか?

今後さらに市場がますます拡大していくと思っています。それどころか通貨の概念を覆す存在になるかもしれない。今のところは投資目的で価格の変動を楽しんでいます。

 

仮想通貨については、これからも発信していこうと思いますので、よろしければ しょーかず(@shoonkazu)をフォローしてください。

 

 

【モデルコース付き】奥尻島でうまいウニを食いたいならココへ行け!至高のウニが食べられるお店3選

f:id:shoonkazu:20170818213944j:plain

 

どうも、島の魅力を再認識したしょーかず(@shoonkazu)です。

 

先日、奥尻島まで2泊3日の旅をしてきました。奥尻島がどんなところか知りたい方はこちらをご覧ください。

 

 

奥尻島といえば、ウニの名産地です。

 

今日はおいしいウニが食べられるお店を紹介したいと思います。奥尻島の食堂は、値段と料理のクオリティが高くて本当にすごかった。。ウニたっぷりであの値段は安すぎです。

 

  • 双葉寿し
  • 潮騒食堂
  • 青葉荘旅館

 

それでは、早速2泊3日のモデルコース付きでお店の紹介をします!

 

 

1日目 18:20 江差港を出発

f:id:shoonkazu:20170819085514j:image 

 

とても清潔感がある船です。車を乗せることができる大きな船なので、揺れも全く感じません。奥尻島までの2時間はかなり快適に過ごすことができました。

 

20:30 奥尻港へ到着

基本的に街路灯があまりないので、運転は細心のご注意を。

 

21:00 双葉寿し

f:id:shoonkazu:20170819082841j:image

  

まず奥尻港に着いたら、お腹を空かせている人も多いはず。特に江差発のフェリーは、20時半ころ奥尻港に着くので、到着した頃にはお腹ペコペコです。

 

そんな1発目に紹介したいのが双葉寿しです。奥尻島で寿司屋へ入るならここ!

 

大将がめちゃくちゃいい人で、帰りに自家製の塩辛を持たせてくれましたw まずは1日目の夜、いきなりお寿司から豪勢にいっちゃいましょう!

 

▼おまかせコース。お吸い物も付いて2,500円。ウニの軍艦巻きは2貫。

f:id:shoonkazu:20170818071412j:image

 

奥尻港からすぐ近くなのでアクセス良好。ウニの軍艦巻きは絶品です。

至高のお寿司に舌鼓して2日目に備えましょう。  

 

関連ランキング:寿司 | 江差

 

2日目 9:00 奥尻島津波館  

f:id:shoonkazu:20170819085606j:image

 

奥尻島津波館のパンフレットより、

震災の被害から復興まで・・・。

順路に沿ってご覧になると奥尻島が経験した

「記憶と蘇生」の物語を感じることが出来るはずです。

 

この津波館に来れば、かなり奥尻島のことを理解できるはず。

館内は「記憶」「鎮魂」「蘇生」というカテゴリーに分かれていて、震災当時の記憶から、復興までの一途を辿ることができます。

 

12:00 潮騒食堂

f:id:shoonkazu:20170818220230j:image

 

地元民イチオシの食堂です。 うに丼を食べるなら、絶対ここだとゴリ押しされました。

 

▼内装はどこにでもある食堂って感じ。小上がりとテーブル席があります。

f:id:shoonkazu:20170818220233j:image

 

うに丼定食。このボリュームで2,500円はいきなり価格破壊。

f:id:shoonkazu:20170818071325j:image

 

うにどーん!すげすげ!

f:id:shoonkazu:20170818071337j:image 

 

北海道出身のぼくでも、これだけウニが入ったうに丼は初めて食べました。場所は民宿が多くある青苗地区なので、比較的アクセスは良いです。ぜひご賞味あれ!

 

関連ランキング:定食・食堂 | 江差

 

14:00 なべつる岩

f:id:shoonkazu:20170819085823j:image

 

お腹いっぱいになったら、車で島内一周もおすすめです。2時間くらいあれば、一周できちゃいます。

 

ぼんやり眺めて、島のスローな時間を味わうのが最高の贅沢。

 

 

16:00 奥尻ワイナリー

 f:id:shoonkazu:20170819092520j:image

 

奥尻島にはワイナリーもあるんです。

 

1999年に島に自生する山葡萄の苗木を植えることから始めたとのこと。現在、畑にはシャルドネピノ・ノワールメルローミュラーなどが元気に育っているそうです。

 

場所は奥尻島の西海岸なので、なべつる岩を見た後にぐるっと北上してワイナリーを訪れるのがベストですね。

 

 

18:00 青葉荘旅館

f:id:shoonkazu:20170818231415j:plain

 

ワイナリーを満喫した後は、いよいよ民宿に行きましょう。

 

夜ご飯をどこかの食堂で食べるのもアリなんですが、なんせ民宿の料理もレベルが高い。ぼくは青葉荘という民宿に泊まり、ウニ、アワビ、イカなど新鮮な海の幸がこれでもかというほど出てきました。

 

食事込みで宿泊代が一人1万円くらいだったんですが、東京じゃ絶対倍以上は取られているんじゃないかっていうくらい破格の値段でした。

 

▼夕食の料理。ウニ、イカ刺し、アワビの海鮮トップ3がお出まし。

f:id:shoonkazu:20170818071456j:image 

 

民宿自体も清潔感があって、のんびりするには良い空間です。宿のおばちゃんたちも気さくで良い雰囲気ですよ。 

 

関連ランキング:旅館 | 江差

 

19:00 時空翔

f:id:shoonkazu:20170819085712j:image

 

お腹を満たしたら、夕陽でも見てのんびり過ごしましょう。

時空翔は被災者を鎮魂する場所でもあり、夕日がきれいに見えるスポットでもあります。

 

3日目  8:00 青葉荘旅館

 f:id:shoonkazu:20170819103131j:image

 

朝ごはんも本当に豪華。2泊3日あれば奥尻島で1年分のウニを食べた気になれます。ぼくが好きだったのは、この自家製の塩ウニ。ご飯と食べれば何杯でも行けます。

 

12:05 奥尻港を出発

f:id:shoonkazu:20170819085743j:image

 

うにまるもお見送り。またウニを食べに来ます。

 

13:40 せたな港に到着

f:id:shoonkazu:20170819085353j:image 

 

2泊3日あれば、こんなプランで回ってみると良いと思います。また、紹介したお店はどこもクオリティが高いので、ぜひ奥尻島に行った時には訪ねてみてください。

 

今後も旅の情報を発信していきますので、よろしければツイッター@shoonkazu)をフォローしていただけるとうれしいです。

 

奥尻島ってこんなところ!ゆったり流れる島時間を満喫してきた

f:id:shoonkazu:20170817080940j:plain

 

どうも、月に1回は旅に出ているしょーかず(@shoonkazu)です。

 

今日は道産子でもなかなか行かない奥尻島について紹介します。正直、ぼくも奥尻島に行くまではどんな場所か説明することが全くできませんでした…。

 

実際に行ってみると、ゆっくりのんびりするにはもってこいの場所です。北海道もまだまだ知らないところがありますね。

 

そんなわけで、奥尻島の紹介をしていきます!

 

 

まず奥尻島ってどこよ?

f:id:shoonkazu:20170817124054p:image

 

北海道南西部の日本海に浮かぶ島です。島の名前の由来はアイヌ語のイクシリ(向こうの島)が語源となって、奥尻という言葉になったそう。

 

観光地としての奥尻島の魅力は「海鮮がうまくてのんびりできるところ」ことだと思います。

 

札幌からも函館からも車があればアクセスしやすいし、2泊3日あれば最高の島時間を過ごすことができますよ!

 

▼町名・・・北海道奥尻郡奥尻町

▼人口・・・2,681人(平成29年8月15日現在)

▼特産品・・ウニ、イカ、アワビ

 

 

奥尻島への交通手段

奥尻港江差町との間に通年で日に往復2便、せたな町との間に夏期のみ日に1便フェリーが運行。

 

片道の乗船時間はだいたい江差町奥尻港で2時間10分、せたな町−奥尻港で1時間30分となっています。

 

車両を乗せることができる船なので、かなり大きいです。漁船サイズを想定して、船酔いの心配をしている人もいそうですが、全く問題なし。むしろ2時間が短く感じてしまうほど快適です。

 

料金は1等で片道4,000円くらい、2等で片道2,000円くらいでした。

 

f:id:shoonkazu:20170817195933p:image

 

奥尻島では大きな地震があった

f:id:shoonkazu:20170817201001j:plain

 

奥尻島では1993年7月に震度6(このとき奥尻島には地震計がなかったため推定)の大きな地震がありました。ぼくは当時まだ5歳の年齢なので、ほとんど地震のことを知らず。

 

このときの地震の影響で200人ほどの方々が命を落としたそうです。

 

そんな当時の記憶を風化させないようにできたのが奥尻島津波館。入場料は大人1名500円です。館内は20〜30分くらいで見て回ることができます。必要があれば、解説付きで案内の方も付いてくれますよ。

 

最後には地震の映像を10分間鑑賞。地震の恐ろしさとともに津波や火災の二次災害の怖さも感じました。地震発生を知らせる警報がなった3分後には、すでに津波奥尻島に押し寄せていたそうで、当時の状況を聞けば聞くほど足元からゾワっとするような感覚に陥りました。

 

奥尻島津波

f:id:shoonkazu:20170816221733j:image

 

慰霊碑として作られた時空翔。真ん中のくぼみに夕日が沈むように設計されており、綺麗という感覚と人間の儚さを同時に感じるような場所でした。

 

▼時空翔

f:id:shoonkazu:20170816221755j:image

 

島の時間をより濃いものにする民宿へ泊まろう!

f:id:shoonkazu:20170817203612j:plain

そんな地震の惨劇があった奥尻島も今はもちろん完全復興して、本来の姿を取り戻しています。 

 

島をより感じるなら、ホテルより民宿に泊まるのはマスト!

 

まるで実家に帰ってきたような感じで、民宿のおばちゃんたちがお出迎えしてくれます。程よい距離感がなんとも心地良くて最高でした。そして、ぼくは1泊目にホテルに泊まったんですが、メシのクオリティ含め段違いで民宿の方が良かったです。

 

ウニ丼、塩水ウニ、ウニ鍋など毎食いろんなウニを使った料理が出てきます。絶対、東京では手の届かない値段の料理だと思います。

 

▼ウニ、ウニ、ウニ!

f:id:shoonkazu:20170816222059j:image

 

f:id:shoonkazu:20170817213348j:image

 

f:id:shoonkazu:20170817213355j:image

 

奥尻島は過去に地震があった面影を残しながらも、本当にゆったりとした時間が流れています。都会の喧騒から逃れたい、島で疲れた体を充電したいという方にはおすすめ。

 

 

 

札幌からも車で行けますので、やはり2泊3日くらいでゆっくり島を満喫するのがベター。

 

これからも旅の情報を発信していきますので、よろしければツイッター@shoonkazu)のフォローをよろしくお願いします。

 

ウェルスナビ開始から4か月、今の運用実績を公開!

 

どうも、投資に目覚めたしょーかず(@shoonkazu)です。

 

4月にウェルスナビを始めてから、4か月が経ちました。毎月1万円ずつ順調に積み立てていっています。

 

▼ウェルスナビとはなんぞや?という方は下記参考にしてみてください。 

 

積み立てているからといって、毎日チャートを見ているわけでもないですし、特に必要な操作もありません。本当に最初の金額設定くらいでたまに運用状況をチェックする程度です。果たしてそんなことでお金は増えているのでしょうか?

 

ここらで運用実績を公開します!

 

4か月後の運用実績がこれだ!

f:id:shoonkazu:20170806131945p:plain

 

そうなんです、増えているんです。ほったらかしでプラス2万円になっていました。銀行に預けるお金なんてマジで最低限でいいですね。改めて投資ってすごい。

 

今後の運用次第では1,000万円も夢ではない!

 

f:id:shoonkazu:20170806132616p:plain

 

ウェルスナビはリスクを取れる段階を選ぶことができ、1〜5までのレベルを設定することができます。ちなみにぼくはリスク許容度を4/5に設定。

 

30%の確率で将来1,000万円以上になる可能性があります。これは銀行に普通に預金していても絶対に1%の可能性すらない数字です。

 

手始めに積立金額は1万円から始めてみましたが、今後余裕が出てきたらもう少し金額を増やしていこうと考えています。

 

投資のハードルは下がっている

以前ウェルスナビも最低運用資金として100万円が必要でした。しかし、今は30万円に下がっています。これだったらボーナスをきっかけに始めることができますよね。

 

後述するTHEOも最低運用資金が10万円とかなり手頃になっています。

 

ロボアドバイザー投資の増加

ウェルスナビ以外にもたくさんのロボアドバイザー投資が続々と登場しています。

 

THEOライフネット生命の起ち上げに関わった谷家衛氏による有望ベンチャー

クロエ(エイト証券)

フォリオ(元ゴールドマン・サックスのトレーダーが創業した有望ベンチャー

VESTASMBCなどが投資するベンチャー

楽ラップ楽天証券

ファンドロボSBI証券

カライス東海東京証券

投信工房松井証券

投信ロボ岡三証券

Funds Robo野村証券

ファンドロイド大和証券

ファンドミーカブドットコム

SMART FOLIOみずほ銀行

MSV LIFEマネックス・セゾン・バンガード)

PORTSTAR三菱UFJ国際投信)

 

ざっと知っているもので、これだけあります。似たような名前も多くわかりにくいですが、サイトの見やすさなど自分にあったものを選ぶのが鉄則です。

 

イケダハヤトさんタクスズキさんもおすすめしているウェルスナビがやっぱりピカイチでよさそう。

 

また、株価の変動に大きく左右されにくいドルコスト平均法による積立投資が効率的な運用方法です。

 

ドルコスト平均法の解説はこちら

ドルコスト平均法とは、値動きのある金融商品を購入する場合に、毎月(定期的に)一定の金額ずつ購入することにより、毎月(定期的に)一定の数量ずつ購入する場合よりも有利な取得価額に分散をすることができるという投資法です。

ドルコスト平均法においては、価格が安いときは沢山購入し、逆に価格が高いときは少量しか購入しないため、平均的な取得額が分散されるという仕組みです。そのため、結果として安い平均取得価格で投資ができるというメリットのある投資法です。

 

最近は仮想通貨も流行

 

ロボアド投資とは少し離れてしまいますが、最近は仮想通貨も流行っていますね。ぼくもビットコインBITCOIN)とネム(XEM)と呼ばれる仮想通貨に投資しています。

 

仮想通貨への投資を始めるときには、coincheckzaifというサイトが初心者にも見やすくておすすめです。

 

仮想通貨については、別のブログで詳しく後述します。

 

まずはブロックチェーンICO、COMSAなど聞き慣れない専門用語がたくさん出てきますので、本を読んで仕組みを理解しましょう。

 

▼仮想通貨を理解するためのおすすめ本 

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

 

 

ブロックチェーンの衝撃

ブロックチェーンの衝撃

 

 

 

投資に関することはこれからもどんどんブログで発信していこうと思っています。よろしければ、ぼくのツイッターアカウント(@shoonkazu)をフォローお願いします。

 

【結果つき】台北の占い横丁でこれからの運勢を占ってきた

リーホー!台北旅行を満喫しています、しょーかず(@shoonkazu)です。

 

今日は台湾に来る前から楽しみにしていた占いをしてもらいます。これまでの台湾に関する記事は下記からチェックできます。

 

 

占い横丁とは?

f:id:shoonkazu:20170805211820j:plain

 

占い横丁は行天宮のすぐ近くにある占いのお店が集まる地下街です。

 

日本語がOKなお店も多く、よく当たると評判も上々。色々なサイトで先生の評判であるので、チェックしてから行きましょう。

 

 

相場は?

 

どのお店も相場は1,000元(日本円で3,300円ほど)くらいです。

 

ぼったくりは基本的にありません。ただし、お店によっては高い1,000元の占いをゴリ押ししてきます。恋愛運や仕事運など決まった運勢を占ってほしい人はしっかり500元の方でいいことを伝えましょう。

 

実際に占ってもらった

f:id:shoonkazu:20170729094911p:plain

 

名前と生年月日、生まれた時間を伝えてスタート。なにやら先生が分厚い本で色々と調べています。

 

ぼくが入ったところは占い師と日本語に翻訳してくれる女性の2名体制でした。そして、占った結果がこれだ!

 

 

個性:イケメン。節約できる。仕事まじめ。短気。管理職向き。親子関係が良好。友人関係は普通。保守的なところがある。流行に乗ることが好き。

 

恋愛:2017年は何もない。2018年からの3年間がモテモテ。

 

結婚:2019年か2020年に結婚する。相手の女性は活発で気前が良い。

 

干支:猿、ねずみ、酉、イノシシと相性が良い。

 

仕事:サービス、物流、公務員、エンジニア向き。

 

金運:35歳〜65歳まで金運が良い。お金に困ることはなく、65歳以降も安定。

 

運勢:2017年は普通。2018年は金運が良い。2019年は普通。

 

健康:腎臓が弱い。血圧が高い。お酒、辛いもの、しょっぱいものはほどほどに。水、フルーツ、野菜を多く摂るように。

 

カラー:白、黒、青、緑がラッキーカラー。

 

子ども:将来2人。娘1人と息子が1人。

 

 

総じて安泰ということで一安心。値段も相場通り1,000元でした。普段、日本では占いで3,300円なんて絶対に出さないけど、こういった時だからこそ思い切って自分に投資。

 

金運に関しては、スマホ代を節約したり積立投資で着実に運用しています。最近はウェルスナビや確定拠出年金だけでなく、仮想通貨にも投資中。複利の力でどんどんお金を増やしていきます。

 

shoonkazu.hatenablog.com

shoonkazu.hatenablog.com

 

 

皆さんも台北に旅行したら、ぜひ占い横丁を訪れてみてください。自分の運勢を占ってもらいましょう!

 

ではでは、ツァイゲン!

 

 ▼台湾の関連記事はこちらをチェック

shoonkazu.hatenablog.com