ライフハッカー日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ついに個人型確定拠出年金の加入手続きが完了。毎月1万円ずつじわじわ積み立てていきます

待望の確定拠出年金の手続き完了

f:id:shoonkazu:20170520212732j:plain

 

ようやくです。ここまで長かった。ぼくの場合は3月に申込みをして、手続き完了までにおよそ2か月かかりました。

 

あまりに長すぎて忘れられてるんじゃないかっていうレベル…。もちろん入念なチェックが必要なんでしょうが、もう少し簡単にしてほしいものです。

 

ここまでの道のりを記事にしているので、これから確定拠出年金を申し込もうと考えている人は参考にしてみてください。いやぁ、それにしても長かった。。

 

 

先日、楽天証券とSBI証券が口座管理手数料を無料にすることを発表しました。今後さらに貯金から確定拠出年金など投資への移行が進んでいくでしょう。むしろそうならないといけません。

 

「なぜ日本人はこんなに貯金が大好きな民族なのか?」については、ぼくがおすすめする投資マンガのインベスターZに書かれています。このマンガは必読書です。まだ読んだことがないという方はぜひ1卷から読むことをおすすめします。

 

 

手続き完了から運用開始までの流れ

ぼくは楽天証券を使っていますので、メールでの手続き完了から楽天証券での運用開始までの流れを説明します。 

 

①家に届くものを確認

メールが来た当日にJIS&Tからハガキ1通と封筒が届きました。ハガキには取引や照会に必要なパスワードが記載されています。

 

f:id:shoonkazu:20170520213803j:image

 

また、封筒には加入者口座番号が記載された書類が1枚、コールセンター&インターネットサービスガイドが1枚入っています。

 

f:id:shoonkazu:20170520214313j:image

 

f:id:shoonkazu:20170520214324j:image

 

楽天証券の個人ページにログイン

 まずは楽天証券の個人ページにログインしてください。

 

一番右側のタブに確定拠出年金があるので、それをクリックします。「確定拠出年金トップへ」というボタンが画面下に出てくるので、続けてクリック。

 

f:id:shoonkazu:20170520214940p:plain

 

③IDを入力する

インターネットパスワードと加入者口座番号を入力しましょう。

 

④運用していく銘柄を選ぶ

f:id:shoonkazu:20170520224901p:plain

 

ぼくは運用したい銘柄が決まっていたので、「自分で一から商品を選びたい方はこちら」を選択しました。

 

f:id:shoonkazu:20170520225413p:plain

 

長期で積み立てていくことを考えて、バランス型のセゾン・バンガード・グローバルファンドを選んでいます。とりあえずはこの1本に絞り、推移を見守っていくつもりです。

 

国民年金基金連合会のホームページで転記する

f:id:shoonkazu:20170520225208p:plain

 

楽天証券のホームページで運用していく銘柄を選んだら、自動的に国民年金基金連合会のホームページへ飛びます。ここでは楽天証券と同じように掛金の配分を選択します。ぼくの場合は、セゾン・バンガード・グローバルファンドを100%と入力。

 

これで運用準備は完了です。

 

⑥注意事項

初月は2か月分の金額が引き落とされます。思わぬ支出になってしまったということがないように、計画的に口座にお金は残しておきましょう。

 

長期積立はほったらかしにすべし

f:id:shoonkazu:20170520221756j:plain

 

と、手続きはかなり面倒なんですが、かなりの節税メリットがあるので申込むことでまず損はありません。デメリットと言えば60歳まで積み立てているお金を下ろすことができないくらい。

 

基本的にはほったらかしてたまに運用実績を見るくらいです。60歳までまだ30年以上あるので、あまり短期的な相場には縛られないようにします。

 

ちなみに4月から始めたウェルスナビも基本的にはほったらかしの投資です。来年からは積立NISAもスタートするので、同じように1万円ずつ積立ていく予定です。

 

 

ぼくは銀行口座に貯金を預けるのはもうやめました。いくら預けても、何十円の利息しかつかないのに預ける意味が全くありません。それなら投資の方がよっぽど夢があるし、お金の勉強になります。

 

日本人はお金の話が嫌いと言いますが、もっとみんなでマネーリテラシーを高めていきたいですよね。これからは自分でお金を稼ぐ時代です。長期的な視点に立って運用を続けていきましょう。

マレーシア旅行記④チャイナタウンから帰国へ

チャイナタウンで腹ごしらえ

f:id:shoonkazu:20170520120545j:plain

 

無事にクアラルンプールまでたどり着くことができました。今日で4泊5日の旅もいよいよ最終日です。

 

 

さくっと2回目のスリマハマリアマン寺院へ

前回は中に入らなかったので、今回はせっかくということで見学してきました。

 

 

詳しい礼儀・作法はよくわかりませんでしたが、日本のお寺のように静かで不思議なパワーを感じる空間でした。あまり場違いなこともできないので、おとなしく退散。

 

 

さて、何を食おうか。

 

まずは宿からチャイナタウンが近かったので、腹ごしらえ。今日はホッケンミーと呼ばれるマレーシアの麺料理を食べました。

 

 

クアラルンプールを街ブラ

朝ごはんを食べてPasar Seni駅周辺をぶらぶらして宿まで戻ることに。ぼくらが宿泊しているゲストハウスoasisはチェックアウトが午後2時という緩さ。

 

荷物を気にせずに街を歩けるのは最高です。マレーシアに到着して2日目に来たシティギャラリーを脇目にマスジット・ネガラを目指すことに。いわゆるモスクのことですね。

 

中はがらんとしていて30℃を超える外の暑さの凌ぐにはちょうどいい休憩スペースです。

 

f:id:shoonkazu:20170520144733j:image

 

内部の見学をする際には、男女問わず紫色の衣類をレンタルすることになります。

事前に長袖・長ズボンで来る必要はないので良心的です。

 

f:id:shoonkazu:20170520144744j:image

 

 

近くにバードパークもあったんですが、今回は断念。タクシーでゲストハウスに戻りました。

 

 

青の神秘ブルーモスクへ

この旅で最後の観光地となるブルーモスクに行くことにしました。ブルーモスクへの行き方は2種類あります。

 

1. タクシー
2. 電車

 

【①タクシーの場合】

KLセントラル駅の2階にあるタクシーのチケット売り場を目指しましょう。そこで受付のお姉さんに行き先を伝えます。

 

ちなみにぼくらはブルーモスクまで55RMかかりました。日本円にして1,400円ほど。お金を払ってタクシーチケットを受け取ったら、すぐそばにタクシー運転手が待っているので手渡すだけです。

 

前払い制なのでぼったくられる心配はないのがいいところ。ただし、少し料金は割高です。 

 

 【②電車の場合】

KLセントラル駅からは下図の赤いPORT KLANG LINEを使います。ブルーモスクの最寄駅はShah Alam駅です。

 

ただし、駅から歩いて行けそうな距離なんですが、歩きは絶対にやめた方がいいです。道無き道を歩いて行くハメになるので、ここはおとなしくShah Alam駅からタクシーを使いましょう。

 

タクシーの運転手には「Blue Mosque(ブルーモスク)!」と伝えればOKです。10分ほどでブルーモスクまで連れていってくれます。

 

f:id:shoonkazu:20170511225857p:plain

 

ブルーモスクと言えば、トルコのイスタンブールかもしれませんが、クアラルンプールのブルーモスクも負けていません。

 

個人的にはクアラルンプールでの観光の中で、ペトロナスツインタワーに並んで行ってよかった場所でした。

 

内部は無料の見学ツアーを行っていて、30分ほどイスラム教徒のおじさんが案内してくれました。英語での見学ツアーになるので、ところどころ聞き取れないところもありましたが、おっちゃんがぶっ飛んだ人でかなり面白い見学ツアーです。

 

f:id:shoonkazu:20170520144902j:image

 

やっぱりプライオリティ・パスは最強 

f:id:shoonkazu:20170520160410j:plain

 

友人と別れを告げて、KLエクスプレスでKLIA2に到着しました。

 

ぼくは深夜便での帰国だったので、事前に調べておいたPLAZA PREMIUM LOUNGEを探すことに。

海外のラウンジは日本のラウンジよりもスペックが高く、シャワールームがあったり、シャンパンやワインがあるラウンジもあります。

 

f:id:shoonkazu:20170520161101j:plain

 

やはりシャワーを浴びてぐっすりと機内で眠りたいものです。ちなみにシャワールームの様子はこんな感じ。清潔感があって湯量も問題なしです。

 

ドライヤーも常備されているので、余計な心配をしなくてすみます。

 

f:id:shoonkazu:20170520161016j:plain

 

こちらはPLAZA PREMIUM LOUNGEの軽食。サラダが中心でヘルシーな料理が多くありました。帰国前にさらっと何かお腹に入れたいときには、ちょうどいいかもしれません。

 

f:id:shoonkazu:20170520144836j:image

 

f:id:shoonkazu:20170520161723j:plain

 

帰りもエアアジアビジネスクラスを利用して帰国しました。離陸してすぐにぐっすり寝ることができたので、起きたらあと1時間ほどで着陸でした。

 

ビジネスクラスは本当に快適です。LCCビジネスクラスなら、タイミングによっては一般的な航空会社のエコノミークラスよりも安く取れる可能性があるので、ぜひセール情報は見逃さずにチェックしておきましょう。

 

・海外旅行の移動が苦痛でお金が高いと感じている人は、格安航空会社のビジネスクラスは狙ってみよう。

 

マレーシア旅行記③ゴールデンマイル・コンプレックスからゲストハウスoasisへ

シンガポールのバス乗り場「ゴールデンマイル・コンプレックス」へ

海外旅行

シンガポールからマレーシアに陸路で渡るためには高速バスに乗る必要があります。シンガポールでの高速バスの発着場所は「ゴールデンマイル・コンプレックス」です。

 

 

シンガポールではだいたいやりたいことはできたので、早めにマレーシアまで戻ることにしました。

 

ここまでの旅の経過は記事にまとめているので、ぜひご覧になってみてください。

 

 

ゴールデンマイル・コンプレックスはバス会社や飲食店、売店などが立ち並ぶ雑居ビルであり、金曜日になると帰省したり、週末でマレーシアに旅行に行く人などでかなり混み合います。

 

雑居ビルの中にいくつものバス会社があり、どの店に入っていいか、全く見当がつきません。とりあえず、しらみつぶしに片っ端からマラッカ、クアラルンプール行きのバスがないか探しました。

 

f:id:shoonkazu:20170515210351j:plain

引用:おまスキャより

 

いくつものバス会社を見て回っているうちに、マラッカ行きのバスは朝7時30分発の1便のみということが判明。

 

マラッカについては、あわよくば行ければいいなぐらいの気持ちだったので、早々にあきらめて潔くクアラルンプールまで戻ることにしました。

 

愛想のいいお兄ちゃんがいる店でバスチケットを購入。値段は18S$なので日本円で1,350円ほど。

 

現在は午後2時でバスの出発が午後3時だったので、タイミングはぴったりでした。シンガポールを離れるのは名残惜しいですが、ここでお別れ。

 

出入国手続き

f:id:shoonkazu:20170515224727j:plain

 

シンガポール側の国境線に来ると、いったんバスから降りて出国手続きを済ませる必要があります。

 

ぼくたちの場合は金曜日ということで、出国手続きに1時間ほどかかりました。あたりを見回しても日本人はぼくらだけ。まわりにはニコニコしたインド人のおじさん、大きな声でおしゃべりしている中国人のマダム集団。

 

人間観察しているだけで世界を旅している気分になって、1時間は全くと言っていいほど苦痛になりませんでした。

 

 

出国手続きを終えてバスに戻ると、またすぐにバスから降りて今度はマレーシアへの入国審査です。

 

入国審査も同様に1時間かかりました。出国と入国だけで2時間。バスは安く行けますが、飛行機の方が圧倒的に時間は短縮できます。

 

クアラルンプールに到着

f:id:shoonkazu:20170515220035j:plain

 

8時間かけてようやくクアラルンプールに到着しました。

 

さすがに長かったです。シンガポールを午後3時発でクアラルンプールには午後9時着の予定でしたが、クアラルンプールへの到着は午後11時でした。

 

到着場所はKLトランジットでKLセントラル駅から1つ先のBandar Tasik Selatan駅。まずは2日ぶりのKLセントラル駅へ向かいました。

 

腹ごしらえで遅めの夜ご飯。KLセントラル駅でWi-Fiを使用したかったので、マックに入りました。こういう時に24時間営業のお店は大助かりです。

 

宿どうする?

f:id:shoonkazu:20170515230849j:plain

引用:Booking.com公式サイトより

 

クアラルンプールでの宿は全く決めていなかったため、お気に入りのBooking.comでリサーチ。夜も遅く寝るだけでよかったので、コスパ重視の宿を選択。

 

なんとPasar Seni駅の近くに2人で1,000円という破格の安さのゲストハウスを発見!怖いもの見たさで泊まってみることにしました。

 

昨日のマリーナベイサンズとの価格差およそ3万円ほど。あまりの価格差にもう興味しか湧きませんでした。

 

本当に恐る恐るでしたが、想像よりは全然マシな宿でした。エアコンも付いているし、Wi-Fiも使えたので一安心。クアラルンプールでどうしてもお金がなくなったときにはぜひ泊まってみてください。

 

f:id:shoonkazu:20170515231011j:plain

引用:Booking.com公式サイトより

 

f:id:shoonkazu:20170515230539j:plain

引用:Booking.com公式サイトより

 

 

夜の街に繰り出す

f:id:shoonkazu:20170515213321j:image

 

深夜0時を過ぎていましたが、クアラルンプールで有名な繁華街ブギビンタンに行ってみました。これは夜中の1時くらいのアロー通りの様子。時間を錯覚してしまうほどの賑わいです。

 

店員さんに聞いてみると、朝の6時まで営業しており、週末はずっとこんな賑わいなんだそう。

 

f:id:shoonkazu:20170515231601j:image

 

2時近くまでいましたが、ますます人が増えていました。さすがにバス移動の疲れもあり限界がきたので、ゲストハウスに引き上げることに。

 

f:id:shoonkazu:20170515231644j:image

 

 

明日はいよいよ旅のラストデイです。最後のクアラルンプールを楽しんで帰国します!

シンガポール旅行記②インフィニティプールからアラブストリート、クアラルンプールへ

54階からおはようございます

f:id:shoonkazu:20170514182740j:plain

 

マリーナベイサンズ名物である屋上のインフィニティプールにやってきました。朝7時に行ったにも関わらず、かなりの混み具合。みんな朝から時間を有効に使おうと必死なのが伝わってきます。 

 

ここまでの旅の様子はこちらから。昨日、マレーシアからやってきました。

 

 

ここからは何枚かインフィニティプールの写真をどうぞ。男の海パン写真が大量にスマホにありますが、一気にすっ飛ばしていきます。

 

 

f:id:shoonkazu:20170514113531j:image

 

f:id:shoonkazu:20170514113626j:image

 

f:id:shoonkazu:20170514113645j:image 

 

いざ朝食へ

今日はこれからチャイナタウンまで朝食を食べにいきます。お目当てはバクテーと呼ばれる骨付きの豚肉を煮込んだスープです。朝から少し重たい気もしますが、何でもチャレンジ!

 

 

マリーナベイサンズから散歩がてら朝食を食べにつもり40分ほど歩きました。それでも朝の良い運動になったのでOKです。

 

松發肉骨茶(ソンファ・バクテー)はチャイナタウンでも人気のお店です。

 

ごろっと入った豚骨とニンニクは意外と重たくなくて、朝からどんどんご飯が進みます。店員がスープをどんどん継ぎ足してくれるので、止めないと朝からスープ腹になります。

 

f:id:shoonkazu:20170514184930j:plain

引用:SINGAPORE NAVIより

 

バクテーと一緒に注文した青菜の炒め物のうまい!この店は人気店だけあって本当においしかったです。かなり日本人好みの味になっています。

 

 

f:id:shoonkazu:20170514185010j:plain

引用:SINGAPORE NAVIより 

 

関連ランキング:東南アジア料理(その他) | シティ・ホール周辺

 

 

バクテーを食べて、マリーナベイサンズに戻ってきました。マリーナベイサンズは11時がチェックアウトなので比較的、時間に余裕があります。

 

やはりそれなりのお金を払っているので、最後の最後まで満喫したいですよね。マリーナベイサンズの事前知識として、「チェックイン/アウト後に手荷物を預けることができるのか?」など情報としてまとめています。下記の記事を参考にしてみてください。

 

ラッフルズホテル

f:id:shoonkazu:20170514192710j:plain

 

昨日行ったラッフルズホテルへ再びタクシーでいきます。マリーナベイサンズ楽しかったなぁ。

 

話は変わりますが、シンガポールでうれしかったのはタクシーの運転手がかなり気さくで良い人が多かったこと。

 

シンガポールの歴史を教えてくれるおじさん、マレーシアとの関係を教えてくれるおじさんなど本当に良い人ばかりでした。これなら女性でも安心だろうなという対応でしたよ。

 

大事なのはこちらから話しかける勇気です。

 

最初は無口のおじさんでも話しかけると結構しゃべってくれるものですよ。

 

ラッフルズホテルでは再びシンガポールスリング飲み、お土産を購入。カヤジャムは栗きんとんのようなペースト状のジャムです。

 

f:id:shoonkazu:20170514192026j:image

 

かわいらしい番いの小鳥のお皿。観賞用に購入しました。

 

f:id:shoonkazu:20170514192038j:image

 

ラッフルズホテルのデザインが入ったクラッチバック。ほしいお土産もたくさん買うことができました。

 

f:id:shoonkazu:20170514192107j:image

 

マーライオン公園へ

 

ラッフルズホテルから歩いてマーライオン公園に向かいました。もう昼近くになると33℃くらいあって、灼熱地獄です。

 

シンガポールやマレーシアの人は夜中の涼しい時間帯に活動して、昼間は寝ている人もいそうなくらい。

 

マリーナベイサンズとのコラボが何とも言えないですね。この写真を撮れただけでもシンガポールに来たかいがあったっていうもんです。

 

f:id:shoonkazu:20170514113711j:image

 

魅惑のアラブストリートへ

f:id:shoonkazu:20170514195403j:plain

 

シンガポールもマレーシア同様に多民族国家です。チャイナタウンもあれば、中東系のアラブストリートまであります。

 

アラブストリートでは、ムスリム料理のお好み焼きと言われるムルタバとマトンが入った炊き込みご飯のカプサを食べました。

 

ムルタバは実際に食べてみるとお好み焼きというよりはナンに近い感じです。想像以上においしかったですね!

 

 f:id:shoonkazu:20170514222759j:image

 

カプサはマトンに若干の臭みがありましたが、味は抜群。一気に平らげてしまいました。

 

 f:id:shoonkazu:20170514222809j:image

 

ムスリム料理は初めて食べました。食の世界は奥が深い。

 

関連ランキング:アジア・エスニック(その他) | ブギス&アラブ・ストリート

 

陸路でクアラルンプールへ

 

f:id:shoonkazu:20170514195225j:plain

 

 

シンガポールの滞在時間も残りわずかとなりました。

 

 

2日間しかいれませんでしたが、かなり濃密な時間を過ごすことができました。クアラルンプールへの帰り道は、あまり日本人がいなさそうな陸路を選択。

 

 

高速バスで6時間揺られながら、クアラルンプールに帰ります。値段は18S$なので、日本円で1,350円くらい。猛烈に安いですね。

 

 

それでは、沢木耕太郎さんの「深夜特急」でも読みながら、バスに揺られてクアラルンプールに帰ることにします。

 

深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)

深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)

 

シンガポール旅行記①チャンギ国際空港からマリーナベイサンズへ

チャンギ国際空港に到着

f:id:shoonkazu:20170514112612j:image

 

2時間遅れましたが、何とかシンガポールに到着しました。マレーシアの2日間は本当に楽しめました。いよいよ今日からシンガポールです!マリーナベイサンズです!

 

 

チャンギ国際空港からマリーナベイサンズへの交通手段は電車とタクシーがありますが、今回は圧倒的に安い電車を選択。

  

  • 電車   時間:およそ45分、料金:S$2.2
  • タクシー 時間:およそ30分、料金:S$30

 

メリットとしては2千円以上の節約になりますが、電車での移動のデメリットは何せ乗換えの多さです。

 

2~3回の乗換えが必要になってきますので、時間を節約したい、金銭的に余裕があるので乗換えなしでサクッと行きたいという方はタクシーが圧倒的に便利です。シンガポールのタクシーは基本的にメーター制なので、ぼったくりの心配はほとんどないはず。

 

心配な人は乗車の際、タクシーの運転手に「By meter?(メーター制ですか?)」と確認しましょう。

 

f:id:shoonkazu:20170514100637j:image

引用:マリーナベイサンズ最強情報~マリーナベイサンズの全てが分かる!~

 

ぼくは電車を選択して、運良く乗換え2回ですみました。そして、これは重要。マリーナベイサンズへ電車で行く予定の方は、Marina Bay駅ではなく、その1つ手前のBayfront駅で降りましょう!

 

 

名前がややこしいですが、Marina Bay駅で降りてしまうと結構歩くことになります。Bayfront駅はマリーナベイサンズに直結しているので、とても便利です。

 

マリーナベイサンズに到着

 

電車を乗り継いでようやく念願のマリーナベイサンズに着きました。3つのタワーからなる存在感に圧倒されます。そして屋上にはインフィニティプールが!

 

f:id:shoonkazu:20170514103201j:image

 

中に入ってみると天井の高さにまず驚きます。 GWなので、日本人も結構いました。

 

f:id:shoonkazu:20170513233502j:image

 

ぼくたちの部屋は47階でした。かなり上層の方で大満足。

 

しかし、ツインベットを頼んだのですが、部屋にはダブルベットが!これは無理ということで後ほどエキストラベットを持ってきてもらって対応してもらいました。危ない、危ない…。

 

f:id:shoonkazu:20170513233518j:image

 

バスルームも贅沢なつくり。飛行機の移動が続いたので、今日はバスタブでゆっくりとくつろげそうです。

 

f:id:shoonkazu:20170513233621j:image

 

ベランダからの景色。眼下にはガーデンズバイザベイと一面の海が広がっていて、まるで絵画の中に自分がいるような気分になりました。ここはやっぱり彼女と来たい!

 

f:id:shoonkazu:20170513233712j:image

 

ガーデンズバイザベイへ

 

荷物を置いて少しゆっくりできたところで、先ほどベランダから見えていたガーデンズバイザベイを見に行ってきました。

 

あたりもすっかり暗くなってきて、良い雰囲気の中で観光できそうです。

 

f:id:shoonkazu:20170514082415j:image

 

様々な角度から違った顔を見せてくれます。いやいや、全然日本よりすごいよ?東京23区くらいしかないシンガポールなのにスケールの大きさにまず驚きました。

 

大胆さと繊細さを持ち合わせたガーデンズバイザベイ。すごすぎです。

 

f:id:shoonkazu:20170514082436j:image

 

この写真もお気に入り。GoProで撮影したのですが、普通のカメラやスマホとは全然違う写真の奥行に衝撃を受けました。

 

 

f:id:shoonkazu:20170514082541j:image

 

「今日はこのホテルに泊まっているのか、信じられないな。」という思いでホテルの外観を見つめていました。

 

そして今日は絶対、カジノで勝ってやるとこの夜景に誓いました。最低でも今回の旅行代くらいは稼いでやるよと。

 

f:id:shoonkazu:20170514082620j:image

 

ザ・ショップスでお買い物 

 

ガーデンズバイザベイを満喫して、大型ショッピングモールのザ・ショップスにやってきました。

 

ここではCHANELやFRANCK MULLERなどの有名ブランド店やおみやげ、レストランなどないものを探すのが大変なくらいです。本当に何でも揃っています。

 

f:id:shoonkazu:20170514082726j:image

 

かなり巨大な施設なので、なんと施設内を舟で移動できるというサービスまで!これは面白いですね、ユーモア大切。

 

f:id:shoonkazu:20170514082753j:image

 

ブランド品には興味がなかったので、TWGの紅茶やタイガーバームを買い込んでザ・ショップスを出ました。神々しいまでの夜景が本当に素晴らしくて、疲れなんてどこかに吹っ飛んでしましました。 

 

今日はカジノで勝って、シンガポールでめちゃくちゃ豪遊してやろう!再びこの夜景に誓いました。

 

f:id:shoonkazu:20170514082814j:image

 

ようやく夕食にありつく 

 

友人とも無事に合流できたので、夕食としてシンガポール名物の海南チキンライスを食べに行きました。

 

カリッと揚がった皮が堪らない。オリーブオイルがかかっていて、さらに食欲を掻き立ててくれるような味でした。

 

f:id:shoonkazu:20170514082941j:image

 

かなり大きなフライドチキン。ダブルチキンはなかなかの食べごたえでした。

 

f:id:shoonkazu:20170514082952j:image

 

散歩でたまたまラッフルズホテル

 

その後、夜のシンガポールを散歩。高級ホテルのラッフルズホテルにたまたま漂流してきました。これはラッキー!

 

f:id:shoonkazu:20170514083032j:image

 

ラッフルズホテルと言えば、シンガポールスリングで有名ですね。 バーへと続く道にあった看板。なんだかおしゃれです。

 

f:id:shoonkazu:20170514083118j:image

 

シンガポールスリングは、ジンやチェリーブランデー、レモンジュースなどを加えたカクテルです。さわやかで飲みやすいのが特徴。 

 

f:id:shoonkazu:20170514083150j:image

 

値段は張りますが、シンガポールに行ったネタとしては全然ありだと思います。旅の思い出に一杯くらい飲んでおくのがちょうどいいくらいです。

 

関連ランキング:バー | シティ・ホール周辺

 

ようやくカジノへ!

 

バーで飲んだあとにようやくカジノに行きました。待ってました!と言わんばかりにカジノに入ってみると、まず知らないゲームが多すぎる…。そして、周りの外国人とお金の賭け方が全然違うやんけ…と。

 

隣の兄ちゃんはいきなり20万円くらいチップと交換してたし、他の人も10万円単位でどんどんチップにしていく姿を見て、一気に萎えてしまいました。そして、その場で理解できたのは大小というゲームくらい。

 

カジノは1時間もしないうちに出ました。知らないゲームが多すぎたのとお金の賭け方がすごすぎて意気消沈。

 

f:id:shoonkazu:20170514083216j:image

 

あっという間にシンガポール1日目は終了。結局寝たのは朝の4時くらい。

3時間後にはインフィニティプールに行く予定です。