ライフハッカー日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人型確定拠出年金を申し込んだよ

 どんどん積み立てていきます

f:id:shoonkazu:20170304222239j:image

個人型確定拠出年金の申込みをしました。

いやぁ~、これからは個人の時代です。

 

減っていく公的年金をカバーするには、自分で知恵を絞ってどうにかするしかないんです。かくいう僕も成功するかはわかりませんが、とりあえず手は打ちました。

 

 そもそも確定拠出年金って?

f:id:shoonkazu:20170226004318g:plain

ざっくり言うと、確定拠出年金は個人で積み立てる年金のことです。

 

確定拠出年金は企業型と個人型に分かれており、企業型は会社が掛金を拠出して、従業員が運用を行うようなものです。

 

一方で、個人型確定拠出年金(Individual Defined Contribution Plan)は、個人が任意で加入し、自分で掛金を払うものです。英語の頭文字を取って、個人型DCやiDeCo(イデコ)と呼ばれることもあります。 

 

以前、個人型確定拠出年金に加入できるのは、自営業者や勤務先に企業年金のない会社員に限定されていました。

 

しかし、2016年に法律が改正され、2017年1月から公務員や専業主婦などを含め、60歳未満のほぼ全ての人が加入できるようになりました。

 

即ち、国としてはこれから国民一人ひとりに支給できる年金は減ってくるから、自分たちで積立してどうにかしてねってこと。

 

上図のように個人が置かれている立場によって、月々の掛金も変わってきます。おいおい、待てよ!という状況なのは間違いないですが、僕としてはこの機会を利用して確定拠出年金を使わない手はないと考えています。

 

 メリットは?

f:id:shoonkazu:20170226010030j:plain

 

掛金の拠出時、運用時、受取時で、それぞれで税制上の優遇があります。

 

 f:id:shoonkazu:20170226100420j:plain

 

所得税や住民税の節税になる

 掛金に応じて、税金の節税対策になります。具体的には、JIS&Tのサイトで節税シュミレーションができるので、自分の年収や掛金でどのくらい節税効果があるのか調べてみると、より効果を実感できると思います。

www.jis-t.kojingata-portal.com

 

 

ちなみに僕の場合は、毎年18,000円の節税効果があるとのこと。60歳まででおよそ58万円の節税メリットがあるというのは大きいですよね。

 

f:id:shoonkazu:20170226102048p:plain

 

②運用による税金がかからない

通常、銀行に預金をすると利息に対して税金が取られたり、投資信託で利益が出ると税金が差し引かれますが、個人型DCで運用している資産については、運用中の利息などに対して税金が引かれるようなことはありません。これ、すごくないですか?

 

なので、通常なら税金として取られる部分もそのまま自分のお金になって、さらにそのお金が利息を生むということになります。雪だるま方式でどんどん運用益が大きくなる仕組みです。

 

僕の場合は、通常なら税金として112万円くらい取られるところが非課税となり、その分を運用に回すことができます。

 

このメリットを生かすには、やはり長期的な観点から早めの運用が大切になってきます。

 

③受取時の税金が節税できる可能性がある

これは置かれている立場によっても違います。僕の場合は、退職所得控除1,500万円を超えてくると、超えた分の半分のお金に対して税金がかかってくるようです。

 

ただし、個人型DCと退職金の受け取る順番などによっても節税効果は大きく変わってきますので、ここで明言は避けておきます。

 

 デメリットは?

 f:id:shoonkazu:20170226093846j:plain

 ①原則として、60歳まで脱退できません。

1度加入すると、60歳までの脱退はできないことになっています。仮に脱退しようとすると手続が超面倒くさいそうなので、鉄の心で60歳まで掛金を拠出することになります。

 

僕はそのくらいの強制力あっても良いと思っています。そうしないと、「少しだけなら口座から引き出してもいいか。」とお金の出入れが頻繁になって、積立と呼べないものになってしまうと思います。

 

個人的にはデメリットだとは感じていません。

 

金融商品によっては当然儲からないことも

 確定拠出年金は投資して運用するので、期待したような結果にならなかったという可能性も当然有り得ます。

 

このあたりは個人の判断で行うものなので、あくまでも自己責任です。

 

僕はただ、銀行の預金口座にお金を置いても何の足しにもならないような利息がつくのを待つくらいなら、少しのリスクは背負ってでも投資をしていく価値はあるんじゃないかなと思っています。

 

 どうやって始めればいいの?

f:id:shoonkazu:20170226113640j:plain

 

金融機関で申込みをすることになりますが、金融機関によって取り扱っている商品や口座を管理する手数料が変わってくるので、注意が必要です。

 f:id:shoonkazu:20170226112926p:plain

 

口座管理手数料は、掛金と別に支払うのではなく、掛金から差し引かれることになっているので、口座管理手数料がなるべく安い金融機関を選ぶことをおすすめします。僕はネット系の楽天証券を使う予定です。また、SBI証券も人気の高い金融機関の1つです。

 

 まとめ

・個人型確定拠出年金は、個人で積み立てる年金のこと

・2017年1月から公務員や専業主婦なども積立て可能になった

・個人が置かれている立場などによって掛金の上限は変わる

・メリットはお得すぎる様々な税制上の優遇が受けられること

・デメリットは60歳まで辞めることができないことと投資して運用するので、期待した結果が出ない可能性もある

・選んだ金融機関によって、取り扱っている商品や口座管理手数料が違う

 

これらを総合的に見て、僕はやってみる価値ありと判断しました。少しでも今後のことを考えたいという方は是非、検討してみてください。

広告を非表示にする