ライフハッカー日記

今さら人に聞けない!日本茶の違い

日本茶の違いって?

f:id:shoonkazu:20170326162417j:image

ほうじ茶、緑茶、抹茶などお茶も本当にいろんな種類がありますよね。そんなお茶の違いをしっかり理解して飲んでいる人ってどのくらいいるんでしょうか?

 

ただ、ペットボトルのお茶を買うときには、ぼく自身もどのお茶がどんな効能があるのかなんて考えたこともありません。

 

ここまでコーヒー、ワイン、日本酒を紹介してきたので、お茶も予備知識として蓄えておきましょう。きっと何かの機会に役立つはずです。

 

関連記事: 

普段なんとなくでコーヒー注文するのそろそろやめませんか? - ライフハッカー日記

読んでおかないと恥をかく品種別ワインの特徴と楽しみ方 - ライフハッカー日記

これだけ知っておけば大丈夫!初心者でもわかりやすい日本酒の基本的な知識 - ライフハッカー日記

 

日本茶の違いは茶葉の発酵度合いにある

f:id:shoonkazu:20170326162612j:image

日本茶って実は同じ茶葉からつくられていて、生葉の発酵度合いによって呼び方が違ってくるのです。

 

現状では日本で作れているお茶のほとんどが緑茶です。 緑茶は茶葉を不発発酵させたもので熱を加え、酵素の働きを止めて成分変化を最小限におさえています。

 

この緑茶の分類の中に、煎茶やほうじ茶といったお茶も含まれることになります。いや、ぼくは全然知りませんでしたよ。。 

f:id:shoonkazu:20170326163150j:image 

 

それじゃあ煎茶やほうじ茶は何が違うの?

f:id:shoonkazu:20170326184357j:image

結論から言うと、栽培方法や摘採時期、製造工程が違うということになります。

 

煎茶は緑茶の中でももっとも代表的な茶葉で、摘採したあとに形を整えて、水分を下げて保存に耐えられる状態にするという荒茶製造を経てできた一般的な茶葉となります。

 

ほうじ茶は煎茶などを強火で炒め、香ばしさを最大限に引き出したお茶のことです。強火で炒めることで、余計な雑味が消えて軽い味わいになります。 

 

玉露は新芽が2、3枚付きはじめたころに光を20日間ほど遮断して、本来アミノ酸からカテキンになるプロセスを経ないお茶のことです。お茶の苦味を消して、爽やかな味わいが楽しめる高級茶として知られています。

 

強火で熱したり、光を遮ったり、お茶農家の不断の努力があっていろんなお茶が飲めているんですね。

 

ペットボトルの生茶って何なの?

f:id:shoonkazu:20170326190655j:image

生茶玉露、かぶせ茶、深蒸し茶をブレンドしたお茶です。生茶というお茶の種類があるわけではないです。

 

玉露だけでは高級茶なので、そこに他の茶葉をブレンドして味を整えたり、原価を下げるようなことをやってるんですね。

 

だからといってマズいわけではないし、生茶なんてよく飲まれているものだから、普通においしいと感じますよね。

 

逆に言うと、ぼくらは玉露の本来の味を知らないんです。生茶ですらおいしいと感じるくらいですから、本当の玉露を飲むと腰を抜かすんじゃないでしょうか。

 

煎茶、ほうじ茶、玉露以外にも緑茶にはたくさんの種類があります。どんな摘採方法や製造工程を経ているのか、ひとつひとつ調べてみるのも面白いと思いますよ。 

広告を非表示にする