読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフハッカー日記

旅とご飯とライフハックに関すること。

「面白いブログとは何か?」について考えてみた

ここらで一度立ち止まってみる

f:id:shoonkazu:20170419232400j:image

 

こんにちは、ブログを書き始めて1か月半経ちました。

 

コツコツと毎日ブログを続けて、記事も60まで増えてきました!

 

ここらで、面白いブログを書いていくために今後どうすればいいのか、立ち止まってみたいと思います。

 

面白いブログってどんなブログ?

 f:id:shoonkazu:20170419232548j:image

 

ただ単純に「面白いブログ」と言っても、人によって感じ方はそれぞれです。

 

節約術、投資、スポーツ、旅行、グルメ、エロ系…ジャンルに正解はなく、タイミングによって大きく変わったりします。

 

ぼくが考える面白いと感じたブログの要素は、3点です。

 

  1. 毎日コツコツと書くこと。
  2. 自分の体験や考えを書くこと。
  3. 他のブログでは見ることができない記事を書くこと。

 

ブログのデザインを工夫したり、SNSへの露出を増やすことも 大切ですが、面白さを追求するならこの3つです。

 

まずはひとつずつお話していきます。

 

1.毎日コツコツと書くこと。

 f:id:shoonkazu:20170419235142j:image

 

最初の話は当たり前ですよね。お勉強やスポーツと同じ。

 

毎日コツコツと練習している人には敵いません!それが最も成長する方法だからです。

 

ぼくもここまでブログを積み重ねてきて、文章はヘタクソですが、毎日40〜50人くらいの人に読まれています。

 

最初はホント誰も読んでくれないですよ。

 

その悔しさをバネに代えて、書きまくってます。そして、成長の瞬間って突然訪れます。

 

これまでスポーツや勉強がそれを証明してくれています。もちろん、そこには様々な試行錯誤を重ねて、改善を加えてますけどね。

 

結果なんて急に出ません!

 

まずはコツコツと書くことから、始めてみましょう。必ず突き抜ける瞬間があるはずです。

 

2.自分の体験や考えを書くこと。

f:id:shoonkazu:20170419235327j:image

 

ふたつめも大事。

 

キュレーションも必要なんですが、もうパイオニアがいるので入り込む余地がないです。

 

ぼくも気になることがあれば、記事にまとめます。だけど、面白いと思ったことはあまりないですね。

 

よく参考にしているブログだと、やぎろぐ面白ハンターぐりぶろぐです。

 

この人たちのブログは、必ず自分の体験とか考え方を書いてるんですよ。

 

やっぱり実体験って読み手にとっても、身近でわかりやすい。

 

ぼくもデザインとか文章の表現は彼らのブログを参考にすることが多いですよ〜。

 

3.他のブログでは見ることができない記事を書くこと。

f:id:shoonkazu:20170419235457j:image

 

これが結構難しくて、自分が考えたネタってほぼ他のブログでまとめられています。

 

だからって頭を悩ませる必要はありません!

 

最初にも言いましたが、前提として自分のブログは誰にも読まれていないと思った方がいいです。

 

だから、何度も同じことをブログにするべきです。

 

ブログを世に出すことは、野球で言うとバットを振ることと同じ。

 

全てが読まれるわけではないんです。野球だってバットを10回振って、3回ヒットになればすごいことですから。

 

ブログも同じ。10個記事を書いて、1回でも2回でも当たれば御の字です。

 

まずはその前提が大事です。では、他のブログでは読むことができないネタを書くためにはどうすればいいか?

 

それは勉強することです。

 

黙ってても他の人と違うネタが思い浮かぶわけないです。そしたら動くしかない。

 

「毎日書く」「体験する」「考える」「勉強する」のルーティンが自分のブログにオリジナリティを持たせてくれます。

 

ただ体験しただけでは意味がありません。

 

そこに考え方や勉強した知識を足すことで、はじめて他のブログにはない面白みが出てきます。

 

なかなか初めは結果が出ないかもしれませんが、やり続けるしかない。

 

ここまでブログを書いて、「ぼくなりの面白いブログとは何か?」を考えてみました!

 

これからも勉強して、面白いブログをつくっていきたいですね。

広告を非表示にする