ライフハッカー日記

自動化の時代を生き抜くためには、プログラミングが必要だと思うんだ

 これからのキーワードは「自動化」

 f:id:shoonkazu:20170420213822j:image

 

最近、プログラミングに興味を持っています。

 

 

時代はどんどん進んで、あらゆるモノが自動化しています。

 

AIの導入や車の自動運転の実験も進んでいて、これからヒトの労働力は減っていく一方です。

 

銀行の窓口、コンビニやスーパーのレジは確実にAIに取って代わっていくでしょうね。

 

将来的にはタクシーやバスも自動運転になるかも。すごい時代ですね〜。

 

IoT(Internet of Things、モノのインターネット。例えばApple watchで血圧や血糖値を計測して、健康状態を管理すること。)やAIに関する本もたくさん出ています。時代を先取りするには読んでおくべきジャンルです。

 

IoT・AIの法律と戦略

IoT・AIの法律と戦略

 
AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

 

 

ぼくたちは自動化の時代にどう立ち向かっていくべきか?

f:id:shoonkazu:20170420212206j:image

 

ヒトの労働力は確実に省略化されていきます。

 

そんな時代に人間はどうすればいいのか?

 

それは自動化の仕組みを作る側に回ることです。

 

結局のところ、人口知能も人がつくったものです。人口知能というサービスを提供する側に回ればいいんです。

 

それがただ一方的に人口知能というサービスを受けるユーザー側に回ってしまっては、確実に自動化の波に飲み込まれます。

 

じゃあ、一体何をすればいいのか?

 

まず第一歩としてプログラミングを学ぶところからスタートするべきです。

 

プログラミングって何よ?って方は、さえりさんのブログを見てみましょう。

 

この記事は必見です。初心者にもわかりやすく説明してくれています。

 

 

プログラミングとはズバリこういうことだ!っていうことをかなり噛み砕いて表現していますね〜。わかりやすい!

 

まずはプログラミングとは、「コンピューターにこれをしてください」ってお願いするための言葉です。人間にお願いするときは雑に「アレ、いい感じにやっといて」って言っても通じるじゃないですか。でもコンピューターは正確に決まった形でお願いしなければならなくて。プログラムを書く、というのはそういう言葉を書くということですね。

 

プログラミングは仕組みを作ることです。

 

人間が何回も行う行動パターンをコンピューターに覚えさせるんです。

 

マスターすれば、ホームページやアプリの開発ができるようになります。

 

こんなことを自動化してみたいというアイデアがあれば、プログラミングの可能性は無限大です。

 

どんな学習方法があるのか?

f:id:shoonkazu:20170420220052j:image 

 

プログラミングを学ぶには、TECH::CAMP(テックキャンプ) - 人生を変える1ヶ月が最も効率的です。

 

過去にぼくも独学でプログラミングを勉強しようとしたんですが、何度も挫折しました。

 

近々ぼくもテックキャンプの門下生になろうと思っています。

 

学生はもちろんのこと、社会人でもオンラインや通学可能なコースがありますよ〜。最速で1週間、じっくり学びたい人には2か月コースも用意されています。

 

例えば、ロボアドバイザーが自動で資産運用してくれるウェルスナビもこのテックキャンプから生まれたようですね。

 

f:id:shoonkazu:20170420220859j:image

 

自動化の波に乗るためには、プログラミングの学習は不可欠です。

 

人口知能に使われる側ではなく、人口知能を使う側に回りましょう!

 

そのためにも仕組みを作る力を付けていくことが、これからの時代を生き抜く力に結びついていきそうですね。

広告を非表示にする